すぐにでもWiiUで見たい、9つのゲームキューブソフト

Wii Uとの互換性が無く、現在唯一Wii U上で遊ぶ事が出来ない任天堂の据置ハードであるゲームキューブ。GCソフトの1つである『ゼルダの伝説 風のタクト』が、HDリメイクされる形でWii Uソフトとして発売されましたが、他タイトルも再び日の目を見る時が来るでしょうか。

あなたはどの『マリオカート』から?任天堂、シリーズの歴史を纏めたインフォグラフィックを公開

シリーズ最新作『8』の発売も迫る中、任天堂からこれまでの『マリオカート』シリーズの歴史を纏めたインフォグラフィックが公開されました(ただし、アーケードタイトルは除く)。

任天堂が『マリオカート ダブルダッシュ!!』の2人乗りカートを再採用する可能性はあるのか 「新しいアイデアが生まれれば」

2003年のニンテンドーゲムキューブ用ソフト『マリオカート ダブルダッシュ!!』で採用され、そしてそれが唯一の採用事例となっている2人乗り仕様のマリオカートですが、任天堂は2人乗りカートのアイデアを諦めたわけではなく、再導入する機会を探っています。

Wii U上でゲームキューブコントローラが使用可能になる「GameCube Controller Adapter for Wii & Wii U」

WiiからWii Uへの移行で不便になったことの1つに、ゲームキューブ互換の削除があります。残念ながらソフトウェアの互換はもちろんのこと、コントローラを含む周辺機器類も、ポートが省かれ非対応となりました。

GC『F-ZERO GX』、アーケード版『F-ZERO AX』のシステムが完全収録されていたことが判明

2003年に任天堂から発売された、ゲームキューブ用ソフト『F-ZERO GX』。同時期にはアーケード版『F-ZERO AX』も稼働し、コースデータやマシンなど『GX』との連動要素も用意されていましたが、そうしたデータだけに止まらず、『AX』が丸ごと『GX』に完全収録されていたことが明らかになりました。

[GC] 風を感じながら気持ちよく滑走『1080° SILVER STORM(テン・エイティ シルバーストーム) / 任天堂(2004)』

N64 で発売されたスノーボードゲーム『テン・エイティ スノーボーディング』の続編『1080° SILVER STORM(テン・エイティ シルバーストーム)』。 開発は、『ウェーブレース ブルーストーム』も担当したアメリカのNST(Nintendo Software Technology)。

[GC] 水上バイクでダイナミックに波を乗りこなす『ウェーブレース ブルーストーム / 任天堂(2001)』

N64 で発売された『ウェーブレース64』の続編として、ゲームキューブ本体と同時発売されたのがこの『ウェーブレース ブルーストーム』。今作の開発を担当したのはアメリカの NST だけど、任天堂の水の表現に対する拘りはこの作品でも発揮されていました。まー、波がキモなゲームだしね。