Shin’enディレクター、自身のサイトで開発タイトルを紹介。『Fast Racing Neo』はWii Uで最も美しいゲームを目指す

Shin’en MultimediaのアートディレクターMartin Sauter氏が自身の公式サイトにて、NDS『Nanostray』以降の彼が関わるShin’enタイトルについて、短評とともに幾つかのディティールを紹介するページを開設しています。

2013年4-6月期のAndroidゲーム市場売上、携帯ゲーム機市場(任天堂+ソニー)を上回る。iOSとの合算では4倍規模に

IDCとApp Annieから2013年Q2(4-6月期)におけるポータブルゲーム市場のレポートが発表され、Android(Google Play)向けゲームへの支出額が、任天堂とソニーを合算した携帯ゲーム機のそれを上回ったことが明らかになりました。

任天堂、2012年度ミリオンセラーは17タイトル。トップは『ポケモンBW2』の781万本

任天堂から「2013年3月期 決算説明会資料」が公開され、2012年度における任天堂タイトルのミリオンセラーが17本であったことが明らかになりました。2012年度売り上げトップはシリーズ初のナンバリング続編となった『ポケットモンスター ブラック2・ホワイト2』で781万本でした。

今年で発売8年を迎えるNDS『スーパーマリオ64DS』が、北米地域で累計売上500万本突破

海外ゲームサイト「Siliconera」のレポートによると、任天堂から2004年に発売されたニンテンドーDS用ソフト『スーパーマリオ64DS』の北米地域での売上が、先週時点で累計500万本を突破しました

任天堂の2011年度ミリオンセラータイトルは19本に減少。最も売れたソフトは『スーパーマリオ 3Dランド』の584万本

任天堂の2011年度通期決算説明会資料から、2011年度(2011年4月-2012年3月)のミリオンセラータイトルが明らかになりました。

『スーパーマリオ 3Dランド』が3DS初の500万本突破!他、任天堂の2011年4-12月のミリオンセラータイトル

任天堂の第3四半期決算説明会資料において、2011年4-12月のミリオンセラータイトルが明らかになりました。この資料の数字は四半期毎に公開されているものです。9月までは6タイトルしかありませんでしたが、12月までになると18タイトルと、年末商戦を終えドカッと増えています。

[NDS] 『New スーパーマリオブラザーズ』の国内累計販売本数が600万本を突破!!

エンターブレインによると、今年分の最終となる2010年12月20日~2010年12月26日週で、『New スーパーマリオブラザーズ』の国内累計販売本数が600万本を突破しました。累計販売本数は601万5,225本で、2006年の発売から4年7カ月での達成。売上が600万本を越えたのは、ニンテンドーDS用ソフトでは初めて。