2013年3月のNPD月次販売データ、全体では縮小傾向が続くものの、ソフト市場は2%と僅かながらプラスに

NPDグループから、2013年3月のアメリカゲーム市場販売データが発表されました。前年同月から10%ダウンの9億9,250万ドルと縮小傾向が続いているものの、ソフト市場が2%プラスに転じました。

2013年2月のNPD月次販売データ、ソフトトップは『Dead Space 3』、Wii Uは前月比4割上昇。市場規模は前年比25%ダウン

NPDグループから、2013年2月のアメリカゲーム市場販売データが発表されました。ハードウェア、ソフトウェア、周辺機器類を含む小売販売額は8.1億ドルと、前年同月比で25%もの大幅なダウンとなっています。

2013年1月のNPD月次販売データ、『DmC』がトップ10入り、Wii Uは記録的な低水準

NPDグループから、2013年1月のアメリカゲーム市場販売データが発表されました。ビッグフランチャイズへの寡占化やハード移行期による停滞で縮小傾向が続いた2012年のアメリカ市場ですが、5週分の集計期間があった2013年1月は、市場全体で前年同月比9%増の8.34億ドルをマークしています。

2012年北米年間トップ10、『Call of Duty: Black Ops 2』がアメリカ市場も制す。市場規模は前年比22%縮小

2012年12月分の販売データとあわせ、NPDから年間トップ10も発表されています。2012年のアメリカ市場で最高セールスを記録したのは、UK市場を制した『Call of Duty: Black Ops 2』でした。昨年トップの前作『Modern Warfare 3』も8位にランクイン。

2012年12月のNPD北米月次販売データ、Wii Uは46万台、3DSは125万台を販売

NPDグループから2012年12月(2012年11月25日~12月29日)のアメリカ販売データが発表され、Wii Uは46万台、ニンテンドー3DSは125万台以上を販売、任天堂ハードトータルでは265万台以上を販売したことが明らかになりました。

2012年11月のNPD北米地域月次販売データ、任天堂ハードはWii Uの42.5万台を含む175万台を販売。月間100万台越えは2004年以降で36度目

NPDグループから、北米地域2012年11月分(10月28日~11月24日)の販売データが発表されました。Wii Uは集計期間1週間ながら42.5万台を販売、任天堂ハード合計では175万台を販売し、2004年以降36度目の月間100万台突破を果たしています。

2012年10月のNPD北米地域月次販売データ、1位は前作を60%以上上回るスタートを切った『NBA 2K13』、『FIFA 13』は7位に

NPDから北米の月間セールスデータが発表され、2012年10月は2Kシリーズの『NBA 2K13』が売上トップに立っていることが明らかになりました。先月の『Madden NFL 13』や『FIFA 13』も引き続きトップ10内に入り、スポーツタイトルがソフト市場を牽引しています。

NPDの2012年9月北米地域月次販売データ、『FIFA 13』は3位に初登場。1位は『Madden NFL 13』市場は前年比24%のダウン

NPDグループから北米地域2012年9月の月次セールスデータが発表されています。前月比で67%増と大幅な伸びを見せ、ビッグフランチャイズの発売と共に年末商戦へ向けた動きが見え始めた北米市場ですが、前年比で見ると24%ダウンと下落傾向が続いています。