Wii U『ドンキーコング トロピカルフリーズ』、レトロスタジオらしい『メトロイド』のイースターエッグ

2月の発売が近づき、情報公開も進んでいるレトロスタジオ最新作のWii U『ドンキーコング トロピカルフリーズ』ですが、ゲーム内にレトロスタジオが開発するもう1つのフランチャイズ『メトロイド』のイースターエッグが隠されていることが明らかになっています。

レトロスタジオが語るWii U『ドンキーコング トロピカルフリーズ』開発、『メトロイドプライム』の経験を活かす

任天堂の右腕レトロスタジオ開発の最新作として2014年2月にいよいよ発売予定のWii U『ドンキーコング トロピカルフリーズ』ですが、最新のインタビューから、レトロスタジオのもう1つの代表的なシリーズである『メトロイドプライム』の経験が、ジャンルが異なりながらも応用されていることが明らかになっています。

任天堂、『メトロイドプライム』の商標を更新

開発者インタビューで話題に上ったり、新作の噂もたびたび出回るなど、最新作渇望されている任天堂の歴史あるブランドの1つ『メトロイド』ですが、シリーズの1つ『メトロイドプライム』の商標が、任天堂アメリカによって今年8月に更新されていたことが明らかになりました。

Wii Uで『メトロイド』を作るなら。任天堂の田邊氏と田端氏、レトロのKelbaugh氏が仮アイデアを語る

任天堂はE3 2013で、レトロスタジオの最新作としてWii U『ドンキーコング トロピカルフリーズ』を発表しました。『ドンキーコング』シリーズの新作発表に沸くファンが多くいた一方で、レトロスタジオのもう1つの主要タイトルである『メトロイド』フランチャイズではなかったことに落胆する声も。

レトロスタジオが『メトロイド』ではなく『ドンキーコング』を新作に選んだ理由

『メトロイドプライム』シリーズや『ドンキーコングリターンズ』で知られる任天堂の海外開発スタジオのレトロスタジオ。今では世界的に注目を集めるデベロッパーに成長し、ここ数年新作に関して様々な噂が飛び交いましたが、E3 2013で遂に最新作『ドンキーコング トロピカルフリーズ』が発表されました。