バンナム、3DS『ディズニー マジックキャッスル マイ・ハッピー・ライフ』が国内累計出荷50万本を突破。海外展開でさらなる販売拡大を目指す

バンダイナムコゲームスは15日、2013年8月1日に発売したニンテンドー3DS用ソフト『ディズニー マジックキャッスル マイ・ハッピー・ライフ』について、国内累計出荷本数が50万本を突破したことを発表しました(パッケージ版/ダウンロード版合算)。

フィギュア連動ゲーム『Disney Infinity』が累計100万本を突破。ディズニー・インタラクティブの収益に大きく貢献

ディズニーが送り出した『Skylanders』ライクなフィギュア連動型ゲーム『Disney Infinity』の世界売上が累計100万本を突破し、ゲーム事業の収益改善に大きく貢献したことがディズニーのカンファレンスコールにて報告されました。

ディズニー、ルーカスアーツゲーム部門を閉鎖。今後はライセンスビジネスに移行

ディズニーが『スターウォーズ』シリーズ等で知られるルーカスアーツのゲーム部門を閉鎖して内部開発を凍結し、スタジオのレイオフを行なったことが海外で大きく報じられています。

ディズニー、『Epic Mickey』開発スタジオのJunction Point閉鎖を正式に発表

スタジオ閉鎖の噂が海外サイトを中心に広まり、その動向が注目されていたディズニー・インタラクティブ傘下で『Epic Mickey』シリーズを開発してきたJunction Pointですが、ディズニーから正式にスタジオの閉鎖が発表されました。

『Disney Epic Mickey 2: The Power of Two』がウォーレン・スペクター氏の口から正式に判明

正式発表前にもかかわらず、これまで数々の噂や憶測が飛び交っていた『Disney Epic Mickey 2』ですが、開発者のウォーレン・スペクター氏がAP通信のインタビューに答え、その存在が正式に明らかになりました。サブタイトルは”The Power of Two”で、これは流出したとされるオンラインマーケティングのサブタイトル候補の1つ。

『Disney Epic Mickey 2』は協力プレイにフルボイス化。カメラの問題も改善

ディズニーから公式発表がなされていないのにもかかわらず、いくつかの信憑性の高い噂、そして開発トップのウォーレン・スペクター氏が27日に明らかにするだろうとされている『Disney Epic Mickey 2』。開発スタジオであるJunction Pointのチーフがスペクターと改善を検討したとされるゲーム要素について、Official Nintendo Magazineに掲載されています。

『Disney Epic Mickey』デザインのiPhone用ケース

最近までiPhone 3GSユーザーだったので、iPhone 4用ばかりになってしまったケースコーナーは全くといっていいほどチェックしていなかったのですが、iPhone 4Sに機種変更してなんとなしに調べてみると、『Disney Epic Mickey』のiPhone 4用ケースが2種類この夏に発売されていました。メーカーは携帯電話などのアクセサリを取り扱うリックス。

[Wii] ストーリーに引き込まれ、終わってみれば良作『ディズニー エピックミッキー』クリア後の感想。

やっとクリア!エピックミッキー。最初は悪くないけど思っていたゲームと違うなあという印象でしたが、もともと魅力的な世界観に加えて中盤からストーリーも盛り上がりだすとどんどんはまっていき、オズワルドとミッキーが打ち解けていくシーンでほろりときましたよ。

[Wii] 『ディズニー エピックミッキー』ファーストインプレッション。悪くはないけど期待が大きくなり過ぎていたかも

最近はめっきり少なくなってしまった、ファンタジーな箱庭系のアクションアドベンチャー『Disney Epic Mickey』(ディズニー エピックミッキー ~ミッキーマウスと魔法の筆~)。ディズニーにあまり詳しくないのにもかかわらず、E3 2010で発表された時から期待していましたた。ダークな世界観や、海外らしいグラフィックの色遣いも非常に好みでね。