auの電子書籍ストア「ブックパス」リニューアルの注目点:再生方法をブラウザかダウンロードかを選べる、「読み放題」終了後も引き続き閲覧可能など

auの電子書籍ストア「ブックパス」が、4月1日にリニューアル。Android 端末でも iOS 端末でも、再生方法をブラウザかダウンロードかを選べるようになるほか、読み放題の配信が終了した後も再生可能となります。 またポイントシステムが変更。名称が「ブックコイン」となり、購入可能なコインの金額や、月額コースの内容も若干変更されます。

KDDIの電子書籍ストア「ブックパス」、iPhoneなどiOS端末向け本棚アプリがついにリリース。全画面表示でこれまでより読みやすく

auのスマートフォンや、PC向けに提供されている電子書籍サービス「ブックパス」。iOSデバイスではこれまでブラウザ経由でしから閲覧する手段がありませんでしたが、4月30日、ついにビューアーアプリがリリースされました。アプリのダウンロードは無料。

【ブックパス】 KDDI (au) 公式の電子書籍ストアの読み放題プランやその料金、対応端末などサービスの特徴をまとめてみた

KDDI (au) が、2012年12月に開始した au 公式の電子書籍ストア「ブックパス」。気になる本を単品購入するアラカルトと、月額618円(税込)で雑誌や漫画、実用書、写真集などさまざまなジャンルの本が読み放題になる読み放題プランを楽しむことができます。このページでは「ブックパス」の料金や特徴など、サービス内容についてまとめています。