【比較】どこが変わった?『ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス』Wii U版 “HD” の特徴やWii/GC版との違い

2016年3月10日発売の、Wii U『ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス HD』。 タイトルに “HD” とついているように、オリジナルの Wii / GC 版から画質が向上するなど、Wii U で発売するにあたって様々な点が進化しています。 このページでは、2006年に発売されたオリジナル版と、Wii U 版との違いについてまとめています。

GC/Wii『ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス』はシリーズ最多の885万本を販売

3月10日に、Wii UでHDリメイク版が発売される『ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス』。オリジナルのGC/Wii版は2006年12月2日に、ゲームキューブでは最後のソフト(国内では任天堂オンライン限定販売)、一方のWiiでは本体同時発売ソフトとして発売されていますが、世界累計販売本数は885万本で、『ゼルダの伝説』シリーズ史上最多の販売本数であることが明らかになりました(2015年9月30日

WiiU『ゼルダの伝説 トワイライトプリンセスHD』はエポナや水中移動の操作性が改善、宝箱は開いたまま残る

3月の発売へ向けて、HDリマスター/リメイクの内容が少しずつ公開され始めたWii U『ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス HD』。『amiibo』連動機能やWii U GamePad活用が見えてきていますが、ゲームを快適に遊べるよう、操作面でも幾つか改善が行われているようです。

WiiU『ゼルダの伝説 トワイライトプリンセスHD』の『amiibo』機能紹介、新ダンジョンは地下40階を目指す「獣の試練」

フランスのAmazonに一時掲載された、Wii U『ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス HD』の『amiibo』連動コンテンツ。新ダンジョンの追加や消費アイテムの補充といった要素がありましたが、その詳細が任天堂公式から明らかになっています。掲載されていた情報はどうやら正しかったようです。

F4Fの新作は、WiiUでHD版も決定した『ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス』からゼルダ姫(ガノン憑依Ver.)

ゲームキャラクターの高品質なコレクターズフィギュアを販売しているFirst 4 Figuresが、新作としてWii UでHD版の発売も決まった『ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス』からゼルダ姫(ガノン憑依Ver.)を発表。事前注文を開始しています。発売は2016年Q3を予定。

任天堂、風タクだけでなく『ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス』と『スカイウォードソード』もHD版を試していた

次世代機向けの『ゼルダの伝説』を開発するに辺り、過去のゼルダタイトルをHD化する実験の中で強いインパクトがあったことから、製品化が実現した『ゼルダの伝説 風のタクトHD』。 シリーズ総合プロデューサーの青沼英二氏は、『風のタクト』を含めて計 3 つのゼルダタイトルで、HD 化実験を行ったことを明らかにしました。