『ソニックカラーズ アルティメット』のバグ修正パッチが順次配信、今後も複数回ゲーム内容改善パッチが配信予定

『ソニックカラーズ アルティメット』で発生しているバグに関して、セガと開発元である Blind SquirrelEntertainment はこの問題を修正するパッチを、2021年9月14日より順次配信開始しました。カラフルになりすぎるバグがこのパッチを適用することで解消。より安心してゲームプレイが可能となります。とりわけ問題が多いとされる Nintendo Switch 版向けのパッチもリリース

セガ、『ソニックカラーズ アルティメット』のバグ修正パッチを約束。特にスイッチ版で多くの問題

ソニック30周年記念作として開発された『ソニックカラーズ アルティメット』ですが、特に Nintendo Switch 版において多数の問題が報告されています。本作の開発を担当した Blind Squirrel やセガの担当者はこの問題の解決を約束しています。

【比較】『ソニックカラーズ アルティメット』のオリジナルWii版との比較映像

正式発表された『ソニックカラーズ』のリマスター版『ソニックカラーズ アルティメット』。高解像度化したビジュアルや 60fps のフレームレートだけでなく、リミックス版の BGM の新規収録やゲームプレイの改善、新たなウィスプの追加、その他の新要素など、より美しく、よりカラフルになったソニックの冒険を楽しむことができます。 オリジナルの『ソニックカラーズ』は Wii で発売されたこともあって、当時は

【比較】『ソニックカラーズ アルティメット』の特徴・新要素、オリジナルWii版との違い

フランスのECサイトに情報が登録されたこと等からその存在が噂されていた『Sonic Color: Ultimate』(ソニックカラーズ アルティメット)ですが、ソニック30周年記念番組「Sonic Central」にてセガから正式に発表されました。 対応機種は Xbox One / PlayStation 4 / Nintendo Switch / PC。PlayStation 5 や Xbox