7月16日からはじまるプライムデーを前に、Kindleストアでは先行で大規模なセールやキャンペーンがはじまっています。読み放題サービス Kindle Unlimited の利用料金が2か月99円になる90%オフ以上で加入できるキャンペーンが17日まで実施中。また3万点以上が半額以下となる「Kindle本セール」や日替わりセールの歴代ベストセラーが登場する「歴代日替わりセールベストセラー」、「マンガまとめ買い」セールも実施中です。

講談社の夏の恒例キャンペーン「夏☆電書2018」も引き続き開催中。

Amazonギフト券の初回現金チャージで1,000ポイントがもらえるキャンペーンもまだまだ続いています。還元率は最大20%という超オトクなキャンペーンなので、まだ利用していな方は是非どうぞ。またプライムデー関連キャンペーンも行われていて、2度目以降のギフト券チャージでは通常最大2.5%ポイント還元のところ、今だけ3%ポイント還元に増量中です。最大3%ポイント還元は7月17日まで。

現在開催中の主なセール・キャンペーン

注目本・気になる本

これまでのような「分析」「論理」「理性」に軸足をおいた経営、いわば「サイエンス重視の意思決定」では、今日のように複雑で不安定な世界においてビジネスの舵取りをすることはできない――「直感」と「感性」の時代――組織開発・リーダー育成を専門とするコーン・フェリー・ヘイグループのパートナーによる、複雑化・不安定化したビジネス社会で勝つための画期的論考!

高畠和人の母は、〈オレオレ詐欺〉に引っ掛かり、さらにトラックに歩を進めて重体に。一方、片山と妹の晴美は、別件の〈オレオレ詐欺〉の犯行を阻止するも、用済みとなった受け渡し役の男は殺されてしまった。片山は捜査の過程で三輪山和美という女生徒と出会う。彼女と詐欺事件の意外な関係とは? 凶悪な詐欺事件の裏にひそむ哀しき秘密に片山とホームズは……。国民的ヒットシリーズの第52作!

あの、「ズートピア」を脅かした大事件の数か月後、ズートピア警察署初のウサギ警官ジュディとキツネ警官ニックは、相変わらず交通違反の取り締まりに明け暮れる毎日。そんなある日、ネズミの町で、とっても高価だけどとっても臭いチーズが盗まれた。誰も担当したくないこの「臭い」事件を、ジュディとニックが解決に導く!謎が謎を呼ぶミステリーを解き明かしながら、コンビの絆も、さらに深まることに!?

年金局長、雇用均等・児童家庭局長等を歴任し、その間、介護保険法、子ども・子育て支援法、国民年金法、男女雇用機会均等法、GPIF改革等数々の制度創設・改正を担当。さらには内閣官房内閣審議官として「社会保障・税一体改革」を取りまとめるなど、社会保障改革と闘い続けた著者による書き下ろし。

教養としての社会保障
著者: 香取 照幸
出版社: 東洋経済新報社

若い人向けに、楽しく学ぶことができるようにゲームを中心にしたサンプルを豊富に取り上げます。また、習得した知識を確認するための演習も満載。プログラミング上達の早道はなによりコードを読み、コードを書いてみることという筆者の経験から、リストを読み、実際に書いてもらうことを目指します。本書前半はプログラミング経験のまったくない人を対象に、HTML、CSS、JavaScriptの基本知識を解説。平板な解説に陥らないように、豊富なサンプルと演習が用意されています。本書後半は誰でもなじみのあるブロック崩し、テトリスライクなゲームを作成していきます。サンプルは、コード入力の負担が過度に大きくないこと、コードがわかりやすいこと、ちょっとした驚きがあることを心がけています。読者が自分で入力・確認してく過程で、プログラミングのスキルを身に着けることができるでしょう。

1冊でたどる「チェ・ゲバラ」の生涯

南米アルゼンチンの裕福な家に生まれ、医師になるも、貧困と圧政と腐敗の覆う現実を憂い、キューバ革命へと身を投じたチェ・ゲバラ。彼はどのように生き、どのように死んだのか。いまなお全世界で語られる伝説の男、ゲバラを描いた不朽の傑作評伝に、さらに判明した事がらを書き加えた増補最新版。

チェ・ゲバラ伝 増補版 (文春文庫)
著者: 三好 徹
出版社: 文藝春秋

時に部下を叱りつけ、ありえない目標を掲げ、けたたましく笑う。そうして小売りの巨人ウォルマート、大手書店のバーンズ&ノーブルなどとの真っ向勝負に立ち向かってきた。ベゾスのビジョンは、「世界一の書店サイト」にはどまらない。「どんなものでも買えるお店(エブリシング・ストア)を作る」という壮大な野望に向けて、冷徹ともいえる方法で突き進んでいく。

ジェフ・ベゾス 果てなき野望-アマゾンを創った無敵の奇才経営者
著者: ブラッド・ストーン,井口耕二,滑川海彦,滑川海彦
出版社: 日経BP社

この本は、会計ルールの詳細や、決算書を読むためのハウツーを説明するものではない。「数字が読めない」と悩む人のために、無味乾燥な数字の羅列に見える決算書から、その背景にある業界・企業ごとのストーリーを読み解く術を惜しみなく披露している。

MBAより簡単で英語より大切な決算を読む習慣
著者: シバタ ナオキ
出版社: 日経BP社

世界で最も進んだ電子政府を持つ国、エストニア。未来型のオープンガバメントをいち早く実現し、さらに進化させているこの国の現在の姿を最新情報とともに紹介します。さらに、それを支えるICT技術基盤や電子政府サービスの将来ビジョンも詳細解説。エストニア政府CIOのターヴィ・コトカ氏による序文も掲載。最先端のオープンガバメントに見る新しい社会像を体感してみませんか?

未来型国家エストニアの挑戦  電子政府がひらく世界 (NextPublishing)
著者: ラウル アリキヴィ,前田 陽二
出版社: インプレスR&D

「小難しい脚本術の分析書はいらない。シンプルで、しかも本当に大手映画会社が買ってくれる脚本を書くための最低限のコツを教えてくれ!」。本書は、プロにも素人にも役立つこと間違いなしの、売れっ子脚本家による脚本マニュアルです。芸術であると同時に、科学でもある脚本を支配する普遍の法則、本書のタイトルである「SAVE THE CAT ! 」とは、脚本の常識やストーリーテリングの基本的ルールを表す象徴的なシーンの意味を込めています。売れるために大切なのは大きなスタジオでも多額の予算でもなく、良い脚本を書くための法則に従って書くことなのです。

SAVE THE CATの法則
著者: ブレイク・スナイダー,菊池淳子
出版社: フィルムアート社

世の中にあふれるしんどいお悩みに「しんどいオカマ」がズバリ答える珠玉の回答集!!

スティーブ・ジョブズが絶対的な信頼を寄せたカリスマデザイナー、ジョナサン・アイブ。

そのアイブのイギリスでの生い立ち、学生時代、アップル入社後のiMac、iPhone、iPad、MacBook Airなど数々の革新的な製品づくりでの試行錯誤、社内での争いまで――。初めて、ジョナサン・アイブの生き方、大胆にリスクを取る思考、デザインへのひたむきな姿勢、ものづくり哲学が明かされる!

ジョナサン・アイブ 偉大な製品を生み出すアップルの天才デザイナー
著者: リーアンダー ケイニ―,関 美和,林 信行(序文)
出版社: 日経BP社

最後に、駅がなくなる前に、自分の目で見届けたい。そんな思いでこれまで全国各地の廃止間近の駅を訪れてきた筆者が、とりわけ廃駅の多い北海道を訪れ、廃止される10駅を撮影。美しい北海道と間もなく廃止となる駅たちをフルカラーの写真とエッセイで構成した1冊です。

著者: 山田 将史
出版社: インプレスR&D

東京・駒場東大前で100年続く「菱田屋」は、つねに満員の定食屋。しょうが焼き、から揚げなどの定番から、名店文琳に学んだ中華、ハンバーグなどの洋食まで、白めしが進んで困る絶品ばかり。だれもがとりこになる菱田屋めし計53点、極意とともにお届けします!

行列のできる定食屋 「菱田屋の男メシ!」
著者: 菱田 アキラ(菱田屋)
出版社: オレンジページ

台湾の人たちが実際に食べている家庭料理を料理上手な、かあさんたちに作ってもらいました。ざっくり大雑把、けれども愛情に満ちたありのままの“かあさんの味”。

思い出すたびに食べたくなる、懐かしの味74品

『きょうの料理』で好評を博した「土井善晴のホッとするごはん」をムック化。ナポリタン スパゲッティ、チキンマカロニグラタン、チューリップから揚げ……。思い出すたびに食べたくなる懐かしの味74品を、土井さんの丁寧なレシピで紹介します。思いやりにあふれた家庭料理こそ、いちばんのごちそうです!

世界7カ国、2つの地域から25メニューを選び、そのルーツ、作り方のポイント、アレンジ方法まで幅広く紹介。さらにオリジナル・サンドイッチの組み立てのポイントを、季節のテーマ別に具体例を挙げて解説。基本のテクニックや食材情報も充実、サンドイッチの魅力が満載。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で