24年の歴史に幕。米任天堂公式マガジン「Nintendo Power」が2012年12月号をもって休刊に

任天堂アメリカは、同社の公式月刊誌「ニンテンドーパワー」が2012年12月号をもって休刊することを発表しました。1988年8月号から発行されてきたオフィシャルマガジンが、24年の歴史に幕を下ろします。

クラブニンテンドーに新アイテム『スーパーマリオキャラクターズフィギュア』が登場

任天堂が運営するポイントプログラム、クラブニンテンドーの交換グッズに新アイテム『スーパーマリオキャラクターズフィギュア』が追加されました。交換に必要なポイントは900ポイント。発送予定は9月ですが、先行受付がはじまっています。

『マリオテニス』シリーズの歴史を辿る、任天堂オフィシャルのインフォグラフィック

熱戦が繰り広げられているテニスのウインブルドン選手権ですが、海外任天堂では選手権の開幕を記念して、1995年にバーチャルボーイで発売された『マリオズテニス』から最新作『マリオテニス オープン』までの歴史を辿るインフォグラフィックがリリースされました。

任天堂の2011年度ミリオンセラータイトルは19本に減少。最も売れたソフトは『スーパーマリオ 3Dランド』の584万本

任天堂の2011年度通期決算説明会資料から、2011年度(2011年4月-2012年3月)のミリオンセラータイトルが明らかになりました。

任天堂の宮本茂さん、『Wii Music』新作に意欲。Wii U版『スーパーマリオ』はE3でお披露目

E3が近づいてきたことで、特に海外サイトではハードソフト問わず様々な噂や憶測が出てきていますが、スペイン語のサイト「elmundo.es」によると、ルーブル美術館のガイドソフト発表の際に行った任天堂の宮本茂さんへのインタビューで、宮本さんは引退についてや、再び『Wii Music』へのアイデアに興味を持ち始めていること、そしてE3でWii U版の新しいマリオを披露する予定であることを語ったそうです

【Wii】これがオススメ!今から遊んでも面白い、Wii の名作ソフト 傑作ベストゲーム選

2006年に任天堂が発売した家庭用ゲーム機「Wii (ウィー)」。累計で1億台以上を販売している、ファミコンやスーパーファミコンよりも普及した任天堂市場最も売れた据置型ゲーム機です。 2012年に次世代機「Wii U (ウィーユー)」が発売されたことで世代交代を迎え、さらに2017年には「Nintendo Switch (ニンテンドースイッチ)」が登場。発売から10年以上が経つ Wii はなかばレ

『スーパーマリオ 3Dランド』が3DS初の500万本突破!他、任天堂の2011年4-12月のミリオンセラータイトル

任天堂の第3四半期決算説明会資料において、2011年4-12月のミリオンセラータイトルが明らかになりました。この資料の数字は四半期毎に公開されているものです。9月までは6タイトルしかありませんでしたが、12月までになると18タイトルと、年末商戦を終えドカッと増えています。