米任天堂が語る、オンラインビジネスの重要性。「任天堂にとっても非常に重要」

同一空間内で楽しめるローカルマルチプレイのソフトを多く発売していることで、オンラインプレイを軽視していると度々批判される事もある任天堂ですが、オンラインはWii Uやニンテンドー3DSといった任天堂プラットフォームにおいても非常に重要な分野であると、任天堂アメリカのレジー社長は海外メディア「IGN」でコメントしています。

米任天堂、2013年6月は『とびだせ どうぶつの森』が初月50.5万本などソフトが好調。3DS本体は22.5万台を販売

NPDの2013年6月期月次販売レポートを受けて、任天堂アメリカからもリリースが発表されています。3DS本体が22.5万台を販売して2ヶ月連続のトップハードとなったほか、ソフトセールスもトップ10内に3タイトルが入るなど上向いています。

11月21日は “任天堂の日” と呼ばれています、『マリオ』や『ゼルダ』『ポケモン』『スマブラ』など発売ソフトを確認

「11月21日」。年末まで残すところあと40日であるこの日は、世間一般的に特別な日であることもなく(Wikipediaを見ると様々な記念日が制定されているようだし、この日が誕生日である人にとっては1年の中で最も特別な日であるだろうけれど。誕生日おめでとうございます)、年の瀬に向けて慌ただしさが一段と増していく、そんな時期の中の1日。 なのだけれども、任天堂が年末商戦向けの大型タイトルを発売すること