スマホの大容量データ通信は「WiMAX 2+」を選んでみる、月間データ量上限なし、速度制限もゆるめ

スマートフォン/タブレットの進歩によって、利用するOSやアプリ、通信のデータ量も増加傾向にあります。 携帯電話各社からは月間10GBを超えるようなデータ定額プランも登場していますが、スマホなどモバイル端末で大容量データ通信を行うのであれば、環境を選ばず、様々な端末や場所で利用できるポケットWiFi(モバイルWi-Fiルーター)の方がおトクに使える場合があります。 中でも、月間通信量の上限がなく、速

『Pokémon GO』、米国で『Twitter』に迫る利用者数(DAU)を記録

6日にオーストラリアとニュージーランド、そしてアメリカで配信がはじまった、ポケモンのリアルワールドゲーム『Pokémon GO』。さっそくの人気でサーバーが需要に追いつかない事態となり、4ヶ国目以降での配信開始に苦労しているほどですが、Android 版アプリの勢いを示す興味深いデータが SimilarWeb から公開され、その驚異的な規模が見えてきました。

『Pokémon Go』、想定以上の人気でサーバーに過負荷。日本を含め配信スケジュールが見直しに

7月6日にローンチを迎えた、『ポケットモンスター』のスマホ向けリアルワールドゲーム『Pokémon GO (ポケモンGO)』。配信が開始されたのはオーストラリアとニュージーランド、そしてアメリカの3ヶ国で、日本を含むその他の国や地域でも「まもなく」とアナウンスされていますが、あまりの人気によりサーバーのキャパシティを上回るトラフィックが発生。チームは2次配信以降のスケジュールを見直し、まずこの問題

『Pokémon GO』、App Storeの売上ランキングで1位。任天堂の株価も上昇

6日にオフィシャルローンチを迎えたポケモンのスマホアプリ『Pokémon GO』。遂に登場した現実空間でポケモンをゲットできるリアルワールドゲームは予想通り各地のランキングで鮮烈なデビューを飾っています。 『Pokémon GO』は、配信が開始されたアメリカ、オーストラリア、ニュージーランドの3地域すべての App Store 無料アプリランキングでトップとなっただけでなく、売上を示すトップセール

『Pokémon GO』がオフィシャルローンチ、アメリカで配信開始。新トレーラーも公開

ポケモン・カンパニー・インターナショナルと Niantic, Inc. は6日、iOS/Android向けアプリ『Pokémon GO』をオーストラリアやニュージーランド、およびアメリカでリリースしたと発表しました。カナダやヨーロッパ、南アフリカ、そして日本でも近日配信開始予定。

iOS/Android『Pokémon GO』が一部の国で配信開始、日本向けは「もうちょっとだけ先になります」

『Ingress』のNianticとポケモン、任天堂によるスマホ向けアプリ『Pokémon GO』が、オーストラリアなど一部の国で配信開始となったようです。iOS版、Android版ともにローンチ。Android版は日本語ページもありますが、まだ対象国には含まれていないもよう。

「スマホサイフ」、あなたの財布を軽くする、ポイントカードやクレジットカード等をまとめて管理するアプリ

カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)の子会社CCCマーケティングは28日、ポイントカードやスタンプカード、クレジットカード、電子マネー、キャッシュカードなど財布の中にある各種カードを一つのアプリに集約し、アプリ経由で利用できる共通プラットフォーム「スマホサイフ」アプリを、iOS と Android 向けにリリースすると発表しました。配信開始は7月20日予定。

富士山史上初、全山小屋で利用可能な無料Wi-Fiサービス「富士山 Wi-Fi」がスタート

KDDIは29日、子会社のワイヤ・アンド・ワイヤレス(Wi2)を通じて2016年7月10日より無料Wi-Fiサービス「富士山 Wi-Fi」を開始すると発表しました。全山小屋と関連施設49ヶ所に加えて富士山静岡空港で利用可能になります。

KDDIのEメール設備切り替え、au iPhone/iPadでezwebメールを利用している方の一部は設定変更が必要です

KDDI は24日、iPhone や iPad で利用できるEメール( @ezweb.ne.jp )について、2017年2月より順次設備の切り替えを行うと発表しました。メールアプリで ezweb メールを受信している時に、設定変更が必要となる場合があります。