【ピクミン】新作はARモバイルゲーム、任天堂と『ポケモンGO』のNianticが共同開発する「歩くことを楽しくする」少し変わったアプリ

ピクミン 新作アプリ

任天堂は2021年3月23日、『Ingress』『ポケモンGO』などの開発・運営でもおなじみ Niantic と、彼らの持つリアルワールドAR技術と任天堂のキャラクターを組み合わせたアプリを共同で開発するパートナーシップ契約を締結。

第1弾として「歩くことを楽しくする」をテーマに、“ピクミン” を起用した新作スマートデバイス向けアプリを共同開発していることを発表しました。

2021年後半、Niantic から配信予定。

なおこのアプリは、2018年4月に設立された Niantic の開発拠点、Niantic Tokyo Studio が手がける初めてのタイトルとなります。

『ピクミン』シリーズは、とある惑星に不時着した主人公が、不思議な生き物“ピクミン”たちの持つ様々な力を借りながら目的達成を目指す AI アクションゲーム。ニンテンドーゲームキューブ向けソフトとして 2001 年に誕生し、移植やリメイクを除くとこれまでに本編 3 作品と横スクロールアクション『Hey! ピクミン』の 4 作品が発売。

Nintendo Switch ではシリーズ第 3 作目に追加要素を収録するなどした『ピクミン3 デラックス』が発売中。

株ポケとの提携で実現した『ポケモンGO』とは異なり、今回は任天堂が提携して任天堂キャラクターである“ピクミン”が起用。もちろんヒットするかどうかにかかっていますが、収益貢献への期待は高いと思われます。

はたして AR ゲームとして登場するピクミン新作は、どのような遊びが提供されるでしょうか。原作通りの設定が再現されるのであれば、夜間は原生生物が凶暴化。緊張感あるゲームプレイになりそうです。

『ポケモンGO』のナイアンティックが携わるということで『ピクミンGO』などと連想してしまいがちですが、ナイアンティックの野村達雄によれば、“ピクミンと一緒に歩くことを楽しくする、少し変わったアプリです。「ピクミンGO」ではないです”とのこと。

Niantic, Inc.のCEO ジョン・ハンケ氏のコメント

任天堂とのパートナーシップは、Niantic がリアルワールド ARアプリ事業を拡大する上で自然な流れでした。任天堂の人気ゲームキャラクターに新しい命を吹き込み、世界中のモバイルゲームプレイヤーの皆さんとともにリアルワールドARの未来を切り開いていきたいと考えています。

任天堂株式会社の代表取締役フェロー 宮本茂氏のコメント

あなたの周りに、そして世界中にもピクミンたちがいるような体験を、NianticのAR技術が可能にしてくれました。楽しく歩くことをテーマに、ゲームとは異なる新しい分野での体験を、アプリを通じて皆様にお届けしたいと考えています。そして、ピクミンたちと、このアプリが、皆様の生活のパートナーとなることを期待しています。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロのナレーターや声優、著名人の朗読で本を聴ける、Amazon のボイスブック (オーディオブック) サービス。人気作家のベストセラーから名作まで、ビジネス書・自己啓発書・現代文学・ライトノベル・洋書など約 40 万冊がラインナップ。

月額 1,500 円の会員になって 12 万以上のタイトルを聴き放題で楽しむことができるほか、各タイトルを単品購入することも可能。

聴き放題の対象はオーディオブックやニュース番組、トーク・お笑いを含むポッドキャストなど。Audible だけのオリジナル作品やオリジナルポッドキャストも配信。

本は、聴こう。Audible で聴き放題。