昨年末から『Pokémon GO (ポケモンGO)』にて徐々に解禁されている、『ポケットモンスター ルビー・サファイア』の舞台「ホウエン地方」に登場する第3世代ポケモンたちですが、2月10日早朝から、さらに多くの第3世代ポケモンを見ることができるようになります。

追加されるのは「ひこうタイプ」や「ドラゴンタイプ」を中心とする新たなポケモンたちと、『ルビー・サファイア』の別バージョン『ポケットモンスター エメラルド』のパッケージにも採用されていた伝説のポケモン「レックウザ」。「レックウザ」は3月16日までの期間限定でレイドバトルに出現します。

また2月13日までの間は「ホウエン地方」のポケモンの出現率が大幅アップ。「ボーマンダ」や「チルタリス」「メタグロス」といったポケモンを育てる絶好の機会となっているようです。

ジムでのレイドバトルに登場するボスポケモンや、タマゴからかえるポケモンにも変化があるとのこと。

新たなポケモンを育てるため、ゲーム内ショップでは「プレミアムレイドパス」「ふかそうち」「ほしのかけら」などが入ったスペシャルボックスが日本時間2月10日早朝から2月23日まで登場。さらにこの間「ルアーモジュール」の効果が6時間持続するようになります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で