任天堂は2月1日、スマートフォン向けゲームアプリの新作として『マリオカート』を題材とする『マリオカート ツアー』を開発中であると発表しました。2019年3月期中(2018年4月〜2019年3月まで)に配信開始予定。

任天堂はこれまでに、『Miitomo』『スーパーマリオ ラン』『ファイアーエムブレム ヒーローズ』『どうぶつの森 ポケットキャンプ』の4本をスマホ向けにリリース。このうち『Miitomo』については2018年5月9日でサービスが終了となりますが、残り3本はスマホ事業の収益に貢献。

特に『ファイアーエムブレム ヒーローズ』の配信以降に事業売り上げが伸びており、2017年4-12月の「スマートデバイス・IP関連収入等」は291億円まで拡大しています。

任天堂はスマホ用アプリに採用するキャラクターに『ゼルダの伝説』を採用したとの報道もありましたが(真偽はともかく、任天堂を代表するシリーズ・キャラクターなので遅かれ早かれ出てきそうですけれど)、5番目のタイトルとして発表されたのは『マリオカート』でした。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で