動画配信サービスの Hulu にて、ロードレース世界選手権「MotoGP」の2019年シーズンが全戦リアルタイム配信されることが決定しました。

「MotoGP」は世界最高峰のモーターサイクルレースとして知られ、四輪であればF1に相当する人気モータースポーツ。決勝日の最高観客動員数はおよそ14万人、テレビ中継の視聴率は40%を超えたこともあるのだとか。

Huluでは第1戦カタールGPの予選(3月9日23時30分〜10日3時30分予定)と決勝(3月10日22時45分〜11日3時30分予定)からリアルタイム配信がスタート。最終戦となる第19戦バレンシアGP(11月7日)まで、全予選・決勝の模様が放送されます。

Huluにて、MotoGP 2019年シーズンの全戦リアルタイム配信が決定しました。3月9日のカタールGP予選から最終戦のバレンシアGPにいたるまで、最高峰クラスと呼ばれる「MotoGPクラス(1000㏄)」、中量級「Moto2クラス(765㏄)」、軽量級「Moto3クラス(250㏄)」全3クラスの予選・決勝レースを楽しむことができます。

Hulu配信の特徴は、レースの臨場感を4つの視点で楽しめるマルチアングル4映像。

“日テレジータス”で放送するものと同じ実況解説付映像に加えて、バイク車体に搭載した超小型カメラ映像「オンボードカメラ」やライダーの現在位置をCGで表示する「ライブトラッキング」、そして上空から撮影した「空撮カメラ映像」でレースを楽しむことができます。

※マルチアングルはパソコン・スマートフォン・タブレット・Chromecastにのみ対応しています。

■Hulu配信内容(初回)

  • 3月9日(土) 23:30~3:30(予定) 第1戦カタールGP Moto3、Moto2、MotoGP予選
  • 3月10日(日) 22:45~3:30(予定) 第1戦カタールGP Moto3、Moto2、MotoGP決勝

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で