ケーブルテレビでHulu。

日本ケーブルテレビ連盟と「Hulu」を運営するHJホールディングスは2月14日、ケーブルテレビ業界の共通ID連携基盤「ケーブルIDプラットフォーム」を利用した取組を開始すると発表しました。

2019年3月15日以降、全国のケーブルテレビ局のうち、「ケーブルIDプラットフォーム」に対応済みの局から順次、オンライン動画配信サービス「Hulu」の販売がはじまります。

これによりケーブルテレビを利用している方が「Hulu」へ加入する場合、新規入会手続きが簡単になるほか、月額料金をケーブルテレビの料金とまとめて支払うことができるようになります。

対応テレビやパソコン、スマートフォン、タブレット、ゲーム機などの従来の視聴機器に加えて、ケーブルテレビ局が準備する、Huluに対応したSTB(セットトップボックス)経由でも視聴が可能に。

Huluをテレビで見るには、対応テレビを用意するか、「Fire TV Stick」などのストリーミング端末または対応ゲーム機を接続するといった方法がありました。

ケーブルIDプラットフォームとは

「ケーブルIDプラットフォーム」は、ケーブルテレビ各社が管理する顧客ID (個社ID) を業界共通のIDとして管理するプラットフォームです。ケーブルIDプラットフォームを通じて業界各社が連携することで、業界外部のサービス事業者との連携が早期に可能となり、ケーブルテレビ利用者に対して、より多様なサービスを提供できるようになります。

ケーブルIDプラットフォームは2017年7月にスタート。2021年度に500万ユーザー、将来的には1,000万ユーザーの利用を目指しているそうです。

Huluを2週間無料でお試し

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Audible (オーディブル) は、プロの声優や俳優などナレーター陣による朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。ベストセラー小説やビジネス書、自己啓発、洋書、童話・児童書、落語、講演など、様々なラインナップが揃っています。

初回登録後、最初の1冊は無料 (2か月目以降は月額1,500円で毎月1冊購入、その後は30%オフ価格で作品購入可能)。

会員期間中は、追加料金なしで楽しめるAudibleステーションも利用できます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。

Audible