自分のブログも要チェック。Feedlyボタンの購読用URLが変更に

Google Reader亡き後、メインのRSSリーダーとして活躍してくれているFeedly。当ブログでも購読用のボタンを設定しているのだけれど、いつのタイミングかは不明ながら、公式サイトで制作できる購読ボタンで生成される登録用URLをクリックしても購読画面に飛ばなくなっていたようで。

今回の件を解説している「今村だけがよくわかるブログ」さんによると、Feedly公式で生成される購読ボタンのリンク先ページ部分を

http://cloud.feedly.com/#subscription%2Ffeed%2Fhttp%3A%2F%2Ft011.org%2Ffeed

から

http://feedly.com/i/subscription/feed/https://t011.org/feed

へと変更することで、従来通り購読ボタンが付いたページヘ遷移するようになる。フィードのURLは各自のものへ変更してください。ちなみにFeedlyボタンのURLは「feedly.com/factory.html」。

WPプラグイン、Feedly Insightも更新され変更に対応

Jetpackの共有ボタンに対応しているWordPressプラグインの「Feedly Insight」も利用しているのだけれど、すでに更新されていて、この変更に対応。仕事の早さが素晴らしいですね。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロのナレーターや声優、著名人の朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。人気作家のベストセラーから名作まで、ビジネス書・自己啓発書・現代文学・ライトノベル・洋書などなど約 40 万冊がラインナップ。

各タイトルは単品購入できるほか、月額 1,500 円の会員になって 12 万以上のタイトルを聴き放題で楽しむこともできます。

聴き放題の対象はオーディオブックやニュース番組、トーク・お笑いを含むポッドキャストなど。Audible だけのオリジナル作品やオリジナルポッドキャストも配信。

本は、聴こう。Audible で聴き放題。

Audible