[WordPress] リツイートボタンのプラグインをTopsy Retweet ButtonからWP Tweet Buttonに変えてみた

様々なプラグインが揃っていて便利なWordPress。ブログ記事のリツイート数を表示させるために、これまではTopsyのプラグインを利用していました。オプションも豊富だし、ボタンのデザインも多くて。

でもツイッターの公式ツイートボタンも出来た事だし、ゆくゆくは公式の方に移行しようかなとも思っていました。

で、WordPressで表示させるためにはどうカスタマイズしたらいいのかなと調べていたら、Wordpress用にもうちょっと高機能化された「WP Tweet Button」っていうプラグインがあるんですね。公式準拠みたいだしってことで、今度はこっちを採用してみることに。

WP Tweet Buttonの導入方法

  1. プラグインの新規追加からWP Tweet Buttonを検索し、インストールして有効化
  2. 設定から表示場所、ボタンデザイン、ツイッターユーザーネーム等を指定
  3. 任意でbit.ly等の短縮URLも設定
  4. 完了

設定項目

  • ボタンの表示位置、表示ページの設定。記事の前後やショートコードやマニュアルでの指定が可能
  • ボタンのデザイン(ボタンの大小、ツイート数の有無)
  • リツイート時のテキストフォーマットのカスタマイズ
  • CSSスタイルのカスタマイズなど

Topsyのプラグインのようにページ毎の表示設定が可能ですが、残念ながらオプション画面から個別に細かく位置設定することは出来ないみたい。ボタンのdiv要素のプロパティは弄れるのだけどね。正直うちではそれほど需要は無さげですけど、まあ流れに乗っておこうかと。

けど使ってみるとtwitterの検索機能がいまいちなので、表示のされ方がいまいち。Topsyボタンの方が良いのかも、なんて思い始めたところ。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロの声優や俳優などナレーター陣による朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。ベストセラー小説やビジネス書、自己啓発、洋書、童話・児童書、落語、講演など、様々なラインナップが揃っています。

初回登録後、最初の1冊は無料 (2か月目以降は月額1,500円で毎月1冊購入、その後は30%オフ価格で作品購入可能)。

会員期間中は、追加料金なしで楽しめるAudibleステーションも利用できます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。

Audible