プライム会員なら動画見放題のAmazonプライム・ビデオがサービスイン、ゲーム機ではPS4が初日から対応

Amazon.co.jp(アマゾン)は24日、9月下旬に予定していた「プライム・ビデオ」のサービスを開始しました。Amazonプライム会員であれば、追加料金無しで国内外の映画やTVドラマ、アニメ、オリジナルや限定配信番組を視聴することが可能です。

プライムビデオは、年会費3900円(月額325円相当)のAmazonプライム会員向けに提供されるサービスの1つ。これまで利用できた「お急ぎ便」や「お届け日時指定便」などはそのままに、様々な動画コンテンツを視聴可能になります。

例によって様々なデバイスに対応。パソコンやiPhone、iPad、iPod touch、Android端末、Kinle Fire、テレビなど。ゲーム機ではPS4がいち早く初日から対応しています。

任天堂のWii Uは、Netflixのように初日対応とはなりませんでした。ただ海外ではWii U向けのAmazonビデオアプリが初期からリリースされているので、国内展開の可能性もひょっとするとゼロでは無いかもしれません。

配信番組は、新旧の国内外の映画やテレビドラマ、ドキュメンタリー、アニメ、お笑いなど9月24日現在で1500本以上。4K画質にも一部コンテンツで対応しています。今のところ、複数あるプライム会員特典の1つという印象ですが、プライムビデオのコンテンツ見たさに会員になるようなコンテンツボリュームに今後なっていくでしょうか。

Amazonプライムはどのくらいおトクなサービスなのか、その内容やメリット/デメリットを調べてみました

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロのナレーターや声優、著名人の朗読で本を聴ける、Amazon のボイスブック (オーディオブック) サービス。人気作家のベストセラーから名作まで、ビジネス書・自己啓発書・現代文学・ライトノベル・洋書など約 40 万冊がラインナップ。

月額 1,500 円の会員になって 12 万以上のタイトルを聴き放題で楽しむことができるほか、各タイトルを単品購入することも可能。

聴き放題の対象はオーディオブックやニュース番組、トーク・お笑いを含むポッドキャストなど。Audible だけのオリジナル作品やオリジナルポッドキャストも配信。

本は、聴こう。Audible で聴き放題。