[3DS] ニンテンドー3DS、北米でも累計400万台突破。販売ペースはWii以上

日本国内では『スーパーマリオ 3Dランド』『マリオカート7』『モンスターハンター3G』の3本柱で年末商戦で一気に累計売上が400万台を突破した『ニンテンドー3DS』。北米でもこの年末商戦で400万台を突破したことが明らかになりました。

ニンテンドー3DSの国内累計販売台数が400万台を突破。初ミリオンはマリオ!

エンターブレインが26日に発表したところによると、今年2月に発売された任天堂の携帯ゲーム機『ニンテンドー3DS』の国内累計販売台数が400万台を突破しました。3DSは今月に入って300万台を突破したばかりですが、1年で最も盛り上がる12月第4週(2011年12月19日~25日)で51万台を超えるセールスを記録し、一気に到達。発売日の2月26日から12月25日までの累計販売台数は413.5万台となっ

クラブニンテンドーに新アイテム『ゴールデンヌンチャク』が登場

金のヌンチャクきたー! 任天堂が運営するポイントプログラム、クラブニンテンドーに新アイテム『ゴールデンヌンチャク』が追加されました。交換開始は12月16日からで、発送予定は2012年2月から。必要なポイント数は600ポイントとなっています。なお、Wii『ゼルダの伝説 スカイウォードソード』購入者は、2012年2月20日まで400ポイントの優待ポイントで交換が可能です。

クラブニンテンドーに新アイテム『ニンテンドー3DSカードケース18』が登場

任天堂が運営するポイントプログラム、クラブニンテンドーに新アイテム『ニンテンドー3DSカードケース18』が追加されました。既に申し込み可能で、発送予定は2012年1月から。必要なポイント数は150ポイントとなっています。

[3DS]『ウイイレ2012』(ワールドサッカー ウイニングイレブン2012)、登録選手データや追加フェイント・スパイクのパスワードを公開

12月8日、めでたく国内6機種目となる『ウイイレ2012』(ワールドサッカー ウイニングイレブン2012)の3DS版が発売されました。発売日となった8日には公式サイトも更新され、登録選手データおよびパスワードによるフェイント・スパイク情報も一部公開されています。 ざっと見たところ、3DS版の登録選手は他機種版のデータパック適用前の情報っぽいですね。更新あるのかな?

任天堂の岩田社長、来年の3DSソフトについて「途切れず投入。数ヶ月内にインパクトのあるものを必ず提供する」と語る

12月6日付の日経電子版によると、任天堂の岩田社長は3DSについて「来年はソフトが途切れずに投入できるだけの準備はしている。数カ月内に世の中にインパクトのあるものを必ず提供するつもりだ」と語りました。

クラブニンテンドーに新アイテム『ゼルダの伝説ポスターセット 25周年記念&スカイウォードソード 』が登場

ここで25周年アイテム! 任天堂が運営するポイントプログラム、クラブニンテンドーに新アイテム『ゼルダの伝説ポスターセット』が追加されました。ポスターはB2サイズ(約73×52cm)で、「ゼルダの伝説」をテーマにした3枚がセットになっています。