任天堂の岩田社長、自社コンテンツについて「射幸心を煽る“ガチャ課金”導入は今後も全く無い」と再度否定

任天堂の岩田社長は、決算説明会の「社長説明」プレゼンの中で、任天堂の課金ビジネスについてのスタンスを再び語りました。

任天堂の2011年度ミリオンセラータイトルは19本に減少。最も売れたソフトは『スーパーマリオ 3Dランド』の584万本

任天堂の2011年度通期決算説明会資料から、2011年度(2011年4月-2012年3月)のミリオンセラータイトルが明らかになりました。

『F-ZERO』はもう開発されないのか?任天堂の宮本茂氏が新作の可能性を語る

1990年11月21日、『スーパーマリオワールド』とともに、『F-ZERO』はスーパーファミコン(SFC)と同時発売されました。F1 の未来の姿をイメージしたといわれるこのレースゲームは、SFC ハードの持つ機能、拡大・縮小・回転表示機能をフル活用し、これまで体験したことがないようなゲーム体験を実現。その後も NINTENDO64 やゲームボーイアドバンス、アーケード、ゲームキューブでシリーズ展開

任天堂、ルーブル美術館と提携。専用ソフト『Audioguide』を内蔵したニンテンドー3DSを提供

任天堂は11日、パリのルーブル美術館と提携し、専用の『Audioguide』(オーディオガイド)ソフトを内蔵したニンテンドー3DSをルーブル美術館に提供することを発表しました。年間890万人にもおよぶルーブル美術館の訪問者は今後、3DSを用いて芸術文化とのインタラクティブな交流が可能になります。

『ソニック』シリーズの生みの親の一人、安原弘和氏が米任天堂の開発スタジオへ移籍

オリジナル版『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』のレベルデザイナーなどを務め、ノーティドッグや米バンダイナムコゲームズに所属していた安原弘和氏が、任天堂の開発スタジオNSTに移籍したことが報じられています。

クラブニンテンドーに新アイテム『オリジナルポロシャツ2012』が登場。色やデザインを自由に組み合わせ可能

任天堂が運営するポイントプログラム、クラブニンテンドーに新アイテム『クラブニンテンドーオリジナルポロシャツ2012』が追加されました。9月末までの期間限定受付となり、現在5月末到着分の申し込みを受付中。必要ポイント数は550ポイントとなっています。