[2010年ベスト] 今年遊んで特に面白かったWiiソフト、3タイトル

2010年も様々なゲームが発売されました。今年僕が遊んでみた中で特に面白かったWiiソフトを3本紹介してみようと思います。月に1本消化できればいい方だし、それほどゲームの量を遊んでいるわけではないですが。 今年は昨年末の『New スーパーマリオブラザーズ Wii』を引き続き遊んで、年末の『ドンキーコング リターンズ』までアクションゲームが豊作な年だったなあという印象です。横スクロールアクション復権

[Wii]『ソニックカラーズ』がみんなのニンテンドーチャンネルでプラチナ評価!

11月18日にセガから発売されたWii『ソニックカラーズ』が、Wiiチャンネルの『みんなのニンテンドーチャンネル』内の「最近のおすすめ」において、最高評価のプラチナランクを得ています(12月13日現在)。

[Wii]『マリオカート Wii』が発売から約2年8ヶ月で売上300万本突破!

2008年4月に発売された『マリオカート Wii』。今年に入って嵐のCMでてこ入れされるなどしてさらにロングセールスを続け、2010年12月第1週で14,207本を販売し累計販売本数は3,001,325本に。遂に初代SFC版以来となる売上300万本に到達しました(メディアクリエイト調べ)。

[GC] 圧倒的なスピード感が気持ちいいハイスピードレーシング『F-ZERO GX / 任天堂(2003)』

N64で1,500km/hという速度を60fpsで表現し、その次世代機であるゲームキューブでさらなる高みへ到達した『F-ZERO』シリーズの新作『F-ZERO GX/AX』は、2003年に発売され、任天堂とセガとのコラボ開発によるものでした。 開発がセガだけあって難易度も任天堂のこれまでのシリーズより高めになっていて、なかなか手強い。でもこれ今遊んでも面白いんだよなあ。ハイスピード成分が欲しいとき

「Wii.com JP」と「Touch-DS.jp」がいつのまにか終了していた

CMに限らず紹介映像や体験映像など、独自の映像コンテンツを紹介していた「Wii.com」と「Touch-DS.jp」ですが、国内では更新を終了し、任天堂サイト内のWiiとDSそれぞれのページに情報を集約する形に変更されていました。アクセスは出来ますが、各ハードページにリダイレクトされます。 最近バナーが見当たらなくなったなと思っていたら、そういうことだったんだね。

[Wii] カラフルな世界を疾走!最も完成された3Dソニック『ソニック カラーズ / セガ(2010)』クリア後の感想。

余計な要素を省いて、ステージを駆け抜けるソニックの疾走感、アクションの爽快さにフォーカスしたWii『ソニック カラーズ』。DLソフトとして発売されたソニック4でも感じた事だけど、意地悪な即死・落下トラップが減り、以前の作品よりかなり遊びやすくなっています。 落下のある危険な場面では「!」と警告も表示されるし、操作方法のナビゲートも親切。この辺りのアプローチは慣れたユーザーにはやや蛇足に感じるかもし

[Wii] DQシリーズから『MARIO SPORTS MIX』に参加するゲストキャラクターは…

FFとDQからキャラクターが参戦するという事で注目が高まった『MARIO SPORTS MIX(マリオスポーツミックス)』。FFシリーズの参加キャラクターと同様複数いるだろうと思われたDQ側から発表された参加キャラクターは、スライムのみでした…。ええ、マジでか。

[Wii] 1ヶ月で体重-2.2kg減量!産後の運動にも『Wii Fit Plus』

母親になっても美しくありたい。 「Wii Fit Plusで産後の運動を」というページが、任天堂のWii Fit Plus公式サイト内で公開されています。最近は妊娠されてもあまり体型の変わらないお母さんが多いように見えますが(男性目線だと)、本人たちからすると体型の悩みは尽きないようで。お腹がポッコリ、骨盤のゆがみ、ウエストのくびれ etc 様々な悩みがあるそうです。 「女性は死ぬまで女性であり続

【クラブニンテンドー】2010年度のプラチナ会員特典の内容

任天堂が運営する会員制ポイントサービス「クラブニンテンドー」の、2010年度の会員特典が発表されました。 登録200ポイントで到達するゴールド会員は昨年と同様カレンダー「クラブニンテンドーカレンダー2011」。400ポイントで到達するプラチナ会員は「25周年記念限定 オリジナルハンカチセット」「25周年記念限定 オリジナルバッジコレクション」「クレブニンテンドーカレンダー2011 2冊セット」の中