Wii U『Nintendo Land』にオンラインマルチプレイが採用されなかった理由

週刊ファミ通にて、Wii U発売記念特集として『Nintendo Land』開発者インタビューが掲載されており、『Nintendo Land』がオンラインマルチプレイに対応せず、ローカルのみのマルチプレイが採用された理由として、このゲームのマルチプレイが「その場にいる人達のコミュニケーションで成り立っていること」が挙げられています。

Wii U「インターネットブラウザー」のブラウジングは、ボタン操作もできて意外に快適

ピンチイン/ピンチアウトのできないシングルタッチのWii U GamePadで、「インターネットブラウザー」のブラウジングが快適に出来るのかどうか不安なところもありましたが、しかしながらGamePadには物理ボタンが付いており、そのお陰でかなり快適なブラウジングを実現しています。

『アサシンクリードIII』の世界売上がUbisoft史上最速の発売1ヶ月で700万本突破

初週350万本セールスという、シリーズ最高初動どころかUbisoft史上最大のローンチ記録を樹立した『アサシンクリードIII』の世界売上が、同社史上最速で700万本を突破したことが発表されました。

Wii U、2日間で30.8万台を販売。ソフトの売上トップは『New スーパーマリオブラザーズ U』で17.0万本―エンターブレイン調べ

ファミ通を発行するエンターブレインは11日、12月8日に発売された任天堂の新型ゲーム機「Wii U」の初週販売台数、およびソフト販売本数を速報値として発表。ハードは30.8万台、ソフトは上位3本合計で35.9万本でした。売上トップは『New スーパーマリオブラザーズ U』で17.0万本でした。

2012年11月のNPD北米地域月次販売データ、任天堂ハードはWii Uの42.5万台を含む175万台を販売。月間100万台越えは2004年以降で36度目

NPDグループから、北米地域2012年11月分(10月28日~11月24日)の販売データが発表されました。Wii Uは集計期間1週間ながら42.5万台を販売、任天堂ハード合計では175万台を販売し、2004年以降36度目の月間100万台突破を果たしています。

米TIME誌が選ぶ「2012年トップ10」、任天堂から『ゼノブレイド』『ラストストーリー』『Wii U』が選出

アメリカのTIME誌が様々なジャンルから2012年のトップ10を選ぶ「Top 10 Everything of 2012」を発表。任天堂は「Top 10 Video Games」でWii『ゼノブレイド』と『ラストストーリー』が、「Top 10 Gadgets」でWii Uが選出されています。

Wii U、更新データをダウンロード中でもゲームを遊べます

日本でもいよいよ発売間近の任天堂の新しい家庭用ゲーム機、Wii U。インターネットに接続するユーザーは初回にネットワークアップデートがあり、数十分から長ければ1時間以上時間がかかることが報告されていますが、本体更新はバックグラウンドで行うことが可能で、更新データをダウンロート中でもゲームを遊ぶ事ができます。