5月22日に発売を迎える、『ワールドサッカーウイニングイレブン2014 蒼き侍の挑戦』。日本代表で世界を目指す「ジャパンチャレンジ」に加えて「Jリーグ」も収録して発売される本作ですが(PSP版は「ジャパンチャレンジ」のみ)、今年の「Jリーグ」データは移籍やエディットに対応していることが明らかになりました。

『ウイイレ2013』の『J.LEAGUE パック』は、移籍もエディットも出来ないという仕様に変更されて批判を受けましたが、『ウイイレ2014 蒼き侍の挑戦』では通常仕様に修正。「Jリーグ」モードのマスターリーグでは、海外クラブも含めてゲーム内に登場するすべての選手をスカウトできるとのこと。

収録されるJリーグ選手は、『ウイイレ2014 蒼き侍の挑戦』のパッケージには、2014年2月3日時点のメンバーが収録。『ウイイレ2014』のDLC「Jリーグパック」は3月28日時点のメンバーが収録されており、PS3版『ウイイレ2014 蒼き侍の挑戦』はオンラインでアップデートすることにより3月28日時点のメンバーに更新されます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で