世界最大規模のゲーム見本市である E3 (Electronic Entertainment Expo)。2018年も6月の開催が予定されており、任天堂やソニー、マイクロソフトといったハードメーカーから Activision Blizzard、EA、Ubisoft、スクウェア・エニックスなどソフトメーカーなど各社が、今後の製品に関する最新情報を発表します。

このページでは E3 2018 の日程や会場、チケット料金、各社のカンファレンスなど開催概要をまとめています。

E3 2018 の開催都市、会場

2018年の E3 は、例年通りロサンゼルス・コンベンションセンター(Los Angeles Convention Center)で開催。複合施設 L.A.ライブ(L.A. Live)など、LAコンベンションセンター周辺の施設でもイベントが予定されており、期間中、エリア一帯がビデオゲームで盛り上がります。

E3 2018 の開催日程

2018年のE3は、6月12日〜14日にかけての開催。日本時間だと6月13日〜15日にかけてとなります。以前は商談を含めた業界関係者向けの見本市だった E3 も、2017年からついに一般ユーザーへも開放されるようになりました。一般ユーザーは「GAMER PASS」の時間帯に入場することができます。出展社やメディア関係者、VIP、招待客などは「INDUSTRY PASS」の時間帯から優先的に入場することができるようです。

日程(現地時間)

6月12日 11時〜19時(INDUSTRY PASS) / 14時〜19時(GAMER PASS)
6月13日 9時〜19時(INDUSTRY PASS) / 12時〜19時(GAMER PASS)
6月14日 9時〜18時(INDUSTRY PASS) / 9時〜18時(GAMER PASS)

大手各社のカンファレンス

本会場となるロサンゼルス・コンベンションセンターでのショウのほかに、大手各社がプレスカンファレンスやビデオプレゼンテーションを実施。人気シリーズの新作や新規タイトル、新サービスの発表などが期待されています。プレゼンを予定している各社のスケジュールは次の通りです(開始時間はすべて日本時間)。

6月10日3時 – エレクトロニック・アーツ
6月11日5時 – マイクロソフト(Xbox)
6月11日10時30分 – ベセスダ・ソフトワークス
6月12日2時 – スクウェア・エニックス
6月12日5時 – Ubisoft
6月12日10時 – ソニー・インタラクティブエンタテインメント
6月13日1時 – 任天堂 (任天堂の E3 2018 スケジュール)

チケット料金

ゲーマーパス – 249ドル / 149ドル(最初の1000枚限定)
ビジネスパス – 995ドル
ビジネスパスは早期優先アクセスやVIPエリアへの入場、朝昼の食事があるなど特典がついています。

チケット料金は、安くても149ドル。日本最大のゲームイベント東京ゲームショウが前売券1,000円であることを考えるとかなり高額です。日本からの参加ならこれに加えて現地までの交通費や滞在費用もかかります。とはいうものの、各社力を入れた発表を行いますし、ブースも豪華な世界最大のゲームイベントですから、ゲームファンなら一度は参加してみたいイベントです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で