『PES 2014(ウイイレ2014)』、コミュニティーマネージャーがWii U非対応の理由に言及。「ビジネスにならない」

ティザートレーラーに続いてコナミから正式発表された『ウイニングイレブン2014』。プレスリリースではPS3、Xbox 360、PSP、PCの4機種に限られ、ハードの研究を行なっていると過去に言われていたPS VitaやWii U、そしてニンテンドー3DSへの対応は発表されませんでした。


この発表について、主にWii U版非対応の件で海外ファンからTwitter上で問い合わせを受けたPESシリーズのヨーロッパコミュニティマネージャーであるAdam Bhatti氏は、Wii Uをスキップする主な理由として「需要が無い」「普及台数が僅かである」ことを挙げ「ビジネスにならないから」と返答しています。

Bhatti氏はまた、個人の意見として「任天堂はサードパーティと良い関係を築けていないのではないか。任天堂機で『PES』は成功していない。ロイヤルパートナーはUbisoftくらいだろう」ともツイート。サードパーティへのサポートが重要であることも忘れないでもらいたいとしています。

『FIFA』に続いて『ウイイレ』も任天堂機をスキップすることとなり、スポーツゲームがほぼリリースされない前代未聞の事態となっています。今後、復帰する可能性を残しているとはいえ、仮に復帰したとしても、一度供給が途絶えたハードにファンが集まるのは厳しいのではないでしょうか。メーカーの動きや姿勢って割と見られていますからね。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロのナレーターや声優、著名人の朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。人気作家のベストセラーから名作まで、ビジネス書・自己啓発書・現代文学・ライトノベル・洋書などなど約 40 万冊がラインナップ。

初回 30 日間は無料で体験。コインが1枚付与され、好きなオーディオブック1冊と交換可能。毎月入れ替わるボーナスタイトル1冊も受け取れます。また聴き放題のポッドキャストも。

月額 1,500 円の有料会員になれば「好きなオーディオブック1冊と交換できるコイン」「無料でもらえる月替りのボーナスタイトル1冊」「聴き放題のポッドキャスト」を自由に楽しめます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。