北米地域において、テレビ視聴をより便利に楽しくするWii U向けサービス『Nintendo TVii』や、SNS機能『Miivrse』は、Wii Uのキラーコンテンツの1つと見られていますが、日本においても、国内の視聴文化に合わせたサービスの形で展開する考えがあることが、第2四半期決算説明会の質疑応答で岩田社長から明らかにされました。


Wiiユーザーとビデオオンデマンドサービスとの相性は良かったそうで、かなりのユーザーがサービスを利用していたとのこと。その経験から、手元にタッチ液晶画面があるWii Uではさらに可能性が高く評価されていて、すでに発表された以外にも話があるようです。

ローンチからNetflxやHulu等の参入が発表されていますが、さらにVODサービスが充実していく?

テレビ視聴文化は各地域で大きな違いがあり、

日本やヨーロッパでも『Nintendo TVii』というものを、テレビの視聴文化に合わせた別のサービスの形でご提案できるような検討も進めておりまして、これについてはそう遠くない将来、具体的にご説明できるのではないかと思います

と、アメリカの『Nintendo TVii』とは同じ形では無いものの、日本でも映像コンテンツの楽しみ方が広がるようなサービスを展開する可能性が示唆されました。

Wii U: Nintendo TVii Demo – NYC Nintendo Conference

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Audible (オーディブル) は、プロの声優や俳優などナレーター陣による朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。ベストセラー小説やビジネス書、自己啓発、洋書、童話・児童書、落語、講演など、様々なラインナップが揃っています。

初回登録後、最初の1冊は無料 (2か月目以降は月額1,500円で毎月1冊購入、その後は30%オフ価格で作品購入可能)。

会員期間中は、追加料金なしで楽しめるAudibleステーションも利用できます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。

Audible