任天堂アメリカが20日、ニンテンドーeショップで今後配信されるソフトを紹介する「Nindies Showcase Spring 2018」を放送。2018年に予定される Nindies タイトルの中から、その一部14作品が紹介されました。2年目に入り、ますます活況を呈する新作インディータイトル群には、『Mark of the Ninja: Remastered』や『The Banner Saga 3』『ルミネス』のようなソフトが含まれています。

Nindies Showcase Spring 2018 で紹介された14のソフト

  • 2018年春:LUMINES REMASTERED
  • 2018年春:Reigns: Kings and Queens
  • 2018年春:Light Fall
  • 2018年春:West of Loathing
  • 2018年春:Pode
  • 2018年春:Garage
  • 2018年夏:Fantasy Strike
  • 2018年夏:Just Shapes & Beats
  • 2018年夏:Bomb Chicken
  • 2018年夏:The Messenger
  • 2018年夏:Bad North
  • 2018年夏:The Banner Saga 3
  • 2018年秋:Mark of the Ninja: Remastered
  • 2018年:Pool Panic

Mark of the Ninja Remastered

Klei Entertainment が手がける『Mark of the Ninja Remastered』は、2012年にリリースされた、手描き背景が特徴的な独特のビジュアルを持つ 2D ステルスアクションゲーム『Mark of the Ninja』の HD リマスター。隠密に、俊敏に、そして知恵を駆使する忍者アクションで様々な任務を遂行します。

Fantasy Strike

Sirlin Games の『Fantasy Strike』は、ファンタジーな世界観と武道が組み合わさった対戦格闘ゲーム。シンプル操作のコンボやスペシャルムーブを繰り出すことができ、ローカル/オンラインマルチプレイを楽しむことができます(対戦時は1人につき Joy-Con 1セットが必要)。

Sirlin Games はカプコンの『スーパーストリートファイターⅡターボ HD リミックス』 でゲームバランスの調整を担当した David Sirlin 氏のスタジオ。

Just Shapes and Beats

Berzerk Studio の『Just Shapes and Beats』は、20人のチップチューンアーティストが作曲したサウンドの中を進む独特なミュージカル弾幕ゲーム。2人協力プレイに対応。

Garage

tinyBuild Games の『Garage』は、VHS 時代のB級映画にインスパイアされた、荒廃した世界が舞台の見下ろし型アクションシューティングゲーム。さまざまな武器やスキルを駆使して、襲い来るゾンビの大群と戦います。

Pool Panic

Rekim と Adult Swim Games による『Pool Panic』は、丸い転がるキャラクターをキュー・スティックで突いて進める、カートゥーンスタイルのビジュアルが特徴のビリヤードアクションゲーム。ジャングルから砂漠、都市まで、様々な環境の100ステージ以上が収録。最大4人までのローカルマルチプレイにも対応。

Bomb Chicken

Nitrome の『Bomb Chicken』は、敵を倒したり隠し通路を見つけたりとボムを駆使して突き進む、可愛いドット絵の2Dアクションパズルゲーム。

LUMINES REMASTERED

Enhance Games の『LUMINES REMASTERED』は、水口哲也氏プロデュースの音と光、落ち物パズルが融合したアクションパズルゲーム『ルミネス』シリーズの第1作目のHDリメイク版。HD振動機能に対応。

Reigns: Kings & Queens

Nerial と Devolver Digital による『Reigns: Kings & Queens』は、中世の君主となって国を統治する国家運営ゲーム。国民や同盟国、敵国から突きつけられる様々な要求にイエス or ノーの2択で応じていく。Nintendo Switch 版にはローカル協力プレイ機能を搭載。

Light Fall

Bishop Games の『Light Fall』は、人々から忘れ去られた世界 “ナンブラ” が舞台のアクションアドベンチャーゲーム。シャドウコアと呼ばれる箱を呼び出し、足場するなどして、自分で道を切り開いて進んでいきます。友人や世界のプレイヤーと競い合うスピードランモードを搭載。

West of Loathing

Asymetric の『West of Loathing』は、棒線画のキャラクターが織りなす、アメリカの西部開拓時代を舞台とするスラップスティック・コメディタッチのRPG。陽気で、パズルやクエストに満ちた、ターン制バトルを特徴としています。

Pode

Henchman & Goon の『Pode』は、ノルウェーの芸術や文化に触発された美しい世界が広がる、2人の小さなキャラクターが協力して謎を解いていく Co-op 型アクションゲーム。

The Messenger

Sabotage と Devolver Digital による『The Messenger』は、8bit と 16bit のビジュアル・サウンドを行き来する、『忍者龍剣伝』へのレトロオマージュを感じさせる 2D 忍者アクションゲーム。

Bad North

Plausible Concept と Raw Fury による『Bad North』は、リアルタイムで戦闘が進行する、ローグライクのミニマルなシミュレーションゲーム。市民を守るため、平和な暮らしを取り戻すため、武器を手にしヴァイキングを追い払いましょう。

The Banner Saga 3

Versus Evil の『The Banner Saga 3』は、数々のアワードを受賞している、ヴァイキング時代の北欧神話の世界観に基づいた物語が描かれる、ドラマチックなタクティクスRPG『The Banner Saga』シリーズの第3弾。シリーズの第1作目と第2作目の Nintendo Switch 対応も決定。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で