現地時間6月12日から6月14日にかけてロサンゼルスで開催される E3 2018 (Electronic Entertainment Expo) の暫定フロアプランが明らかになっています。任天堂も例年通り出展し、いつもの場所にいつもの規模でブースを構えることになるようです。

E3 2018、任天堂は例年通りの場所・規模で出展

今年も6月に開催される、世界最大規模のゲーム見本市 E3。任天堂も例年通りの規模で出展予定であるようです。明らかになった暫定フロアプランによると、任天堂はいつも通りソニーのブースの向かい側に位置し、規模も例年通り。

またプレス向けにプレゼンテーションが行われるシアターの予約も確保。この点も例年通りです。

他社では Xbox One を展開するマイクロソフトの規模縮小が気になるところ。マイクロソフトは2016年、任天堂やソニーと同じウエストホールにブースを構えていましたが、前回開催の2017年はサウスホールへ移動。

今年は同じサウスホールにいるものの、昨年彼らがいた場所にはスクウェア・エニックスが入り、マイクロソフトは1ソフトメーカーよりも小さなスペースになっています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で