今シーズンのデータをつらつらと並べてみています。結構意外な数字があったりして面白かったり。長くなってしまうので、まずはオフェンスから。出場機会の少ない選手は除いています。得点や失点を見ると、順位通りの数値を出しているんだなあと感じますね。

フリーキック本数がリーグワースト(!!)で、それに対して今年全く入らなかった(最終戦で2得点して印象が少し変わりましたが)コーナーキックはリーグ2位という数字。

キッカーが揃っているのにゴール前でのファールは少なくて、逆にターゲットが少ないのにCK回数は多いという。FKの少なさはクライトンが2位に居るドリブル回数を見ても分かるように、繋ぐ意識が強すぎて縦に仕掛ける選手が少ない事も影響しています。この辺の意識・動きが改善されればもう少し上に行けたのかなという気もします。もう終わってしまった事だけど。

チームデータ(チーム別集計結果 | Jリーグ公式記録より)

総得点平均得点シュート数平均シュート数フリーキックコーナーキック
74(5位)1.45(5位)595(6位)11.7(6位)800(18位)328(2位)

個人データ(コンサドーレ札幌 – データランキング 2009より)

得点シュート数90分平均本数決定率(%)90分平均得点
19キリノ109キリノ4.11上原25.0上原1.03上原
7西67上里3.11ハファエル24.1西0.44キリノ
6ダニルソン64ダニルソン2.54中山17.4キリノ0.39ハファエル
6上里50西嶋2.50キリノ16.0岡本0.27岡本
5宮澤44クライトン1.98クライトン14.3宮澤0.18西
5西嶋43藤田1.85石井14.3砂川0.18クライトン
4岡本35宮澤1.72ダニルソン12.5ハファエル0.17石井
4クライトン29西1.69岡本10.0西嶋0.17砂川
3上原24ハファエル1.50上里9.4ダニルソン0.16ダニルソン
3砂川21砂川1.23古田9.1クライトン0.16中山
3ハファエル
3藤田

得点はキリノ以下がかなり寂しいことに。良くいえば満遍なく点が取れると言えなくもない(苦しいか)けれど、51試合戦って二桁得点が1人だけというのは物足りないですね。来シーズン愛媛から内村が加わるとはいえ、得点数2位の大伍は新潟に行ってしまいますし、独力で点を取れる選手はいませんから、チーム全体で点を取る動きの質をもっと高めていく必要があります。

ルーキーながら序盤からジョーカーとして起用の多かった上原。来季は何処で起用されるんだろうか。FWのままなのか、それとも時折試されているSBに転向するのか。

クロス本数成功数成功率
233藤田45藤田37.5岩沼
138西嶋39西嶋28.3西嶋
136砂川33上里25.6岡本
134上里31クライトン24.6上里
130クライトン18砂川23.8クライトン
44西10岡本23.1キリノ
39岡本9キリノ21.4芳賀
39キリノ9岩沼19.3藤田
28芳賀6芳賀13.2砂川
24岩沼4西9.1西

本数、成功数共にシーズン通して出場機会を得た征也が圧倒的。SMFの彼がクロスを上げる際に中の人数が少ないときが多いので、それが成功率を下げた要因の1つですね。人数が少なくてもピンポイントで常に合わせられるならばそれは素晴らしい事だけど、それが出来るなら札幌にはもはやいられない。

ドリブル総数成功数成功率
124藤田80藤田71.8砂川
112クライトン64クライトン65.0岡本
86キリノ56砂川64.5藤田
78砂川41キリノ63.4上里
44古田26上里57.1クライトン
43宮澤26岡本55.6ダニルソン
41上里23古田54.5ハファエル
40岡本21宮澤52.3古田
36ダニルソン20ダニルソン48.8宮澤
33ハファエル18ハファエル47.7キリノ

ここでも征也が健闘しているものの、シーズン半ばで途中帰国したクライトンが2位という低い数値。中央に配置された選手のドリブルが極端に少ないですね。成功率1位は砂川。ややスピード、キレ共に無くなってきたかなという印象はあるものの、あの深い切り返しは健在です。

スルーパス総数成功数成功率
104クライトン85クライトン81.7クライトン
75上里36キリノ56.5ダニルソン
74キリノ32上里54.0藤田
72宮澤30宮澤50.0砂川
55西27西49.1西
50藤田27藤田48.6キリノ
42砂川21砂川48.4西嶋
31西嶋15西嶋42.7上里
28岡本13ダニルソン41.7宮澤
23ダニルソン9岡本32.1岡本

スルーパスは全てにおいてクライトンが圧倒的。それだけ彼の存在感はずば抜けていましたね。彼がいなくなってからは相手選手に引っかかる場面が増えましたし。繋ぎのパスではよくミスをしてヒヤヒヤさせてくれるダニルソンですが、スペースを狙って出すのは結構得意。本数は少ないものの、成功率では2位につけました。

こうして見ると、攻撃面ではやはりクライトンの存在は大きかったなと感じます。上里や宮澤も頑張っていましたが、大きすぎる穴を埋めることは出来ず。それと岡本ヤスの負傷離脱。左サイドが彼で決まりかなという矢先での怪我でしたからね。札幌では少ないドリブルで仕掛けて得点も奪える選手なので、早い時期に復帰出来るといいなあ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で