Amazonの定額読み放題サービス「Kindle Unlimited」、想定以上の利用者数で出版社へ支払う予算が不足し人気本が消え始める

電子書籍の定額読み放題の本命として国内でも今月からサービスが開始された Amazon の「Kindle Unlimited」ですが、当初の想定を上回る利用者により、人気タイトルをラインナップから外す措置をはじめたそうです。

【楽天マガジン】登録・解約方法について、定額雑誌読み放題の価格やラインナップ、他サービスとの比較、特徴、評判

楽天マガジン」は、楽天グループの楽天モバイルが運営する、定額制雑誌読み放題サービスです。 月額380円+税で、対象13ジャンル450誌以上が読み放題。初回31日間は無料で体験することができます。 雑誌を毎号買うと出費や置き場所に困りますが、電子書籍であれば今あるスマートフォンやタブレットを使って読むことができてかさばらず、かつ定額制のサービスなので何冊読んでも利用料金以上はかかりません。 雑誌読

月額980円で12万冊以上が読み放題、アマゾン「Kindle Unlimited」が国内でもサービス開始

アマゾンジャパンが3日、月額980円ではじめられる電子書籍読み放題サービス「Kindle Unlimited」を遂に開始しました。 サービス開始時点の取り扱いは、小説やコミック、実用書、雑誌などの12万冊以上(Kindle ストアで扱う和書は約46万7000冊なので、約1/4のボリューム)と120万冊以上の洋書。対象書籍は「Kindle Unlimited」のアイコンが目印。 事前に言われていたこ

Amazon、電子書籍の定額読み放題「Kindle Unlimited」を国内でも開始へ。複数出版社がサービスに同意

サービスバナーがフライング表示されたことをきっかけに、Amazonが日本でも電子書籍読み放題サービス「Kindle Unlimited」の準備を進めていると報じられていますが、朝日新聞によると、Amazon.co.jp に電子書籍を提供している複数の出版社が、このサービスに同意したことを認めたということです。

【ブックパス】 KDDI (au) 公式の電子書籍ストアの読み放題プランやその料金、対応端末などサービスの特徴をまとめてみた

KDDI (au) が、2012年12月に開始した au 公式の電子書籍ストア「ブックパス」。気になる本を単品購入するアラカルトと、月額562円(税抜)で雑誌や漫画、実用書、写真集などさまざまなジャンルの本が読み放題になる読み放題プランを楽しむことができます。このページでは「ブックパス」の料金や特徴など、サービス内容についてまとめています。