radiko.jp

PCやスマートフォンなどから地上波ラジオ放送を聴取できるIPサイマルラジオサービス「radiko.jp」。よりラジオを気軽に楽しめるよう、「タイムフリー」と呼ばれるいわゆるタイムシフト機能のアーカイブ聴取サービスを、2015年内に開始予定であることが明らかになりました。

1週間のラジオ番組ネットで提供 ラジコ、年内にも無料で

 民放ラジオ各局の過去1週間の番組をインターネットで提供、スマホやパソコンで聴けるようにする無料のサービスを、放送局や広告代理店でつくる「radiko(ラジコ)」社(東京)が年内にも始めることが8日、複数の関係者への取材で分かった。

1週間のラジオ番組ネットで提供 ラジコ、年内にも無料で – 47NEWS(よんななニュース)

「radiko.jp」は以前よりタイムシフト機能を計画。2015年2月に掲載されたマイナビニュースのインタビューでradiko代表取締役を務める岩井淳氏は、「エリアフリー聴取が実現した今となっては、一番にやっていきたいことです」とコメント。新規リスナーの獲得を目指す施策として、年内に開始したいと語っていました。そのサービスは目標通り、2015年内に開始するようです。

「タイムフリー」は、プレミアム会員であればラジコに参加するラジオ局の全番組をCMも含めて1週間分聴くことが可能。一般の無料リスナーは放送区域内のアーカイブを聴くことができるとのこと。

ラジオ放送のアーカイブは、番組によってはPodcastでも配信されている場合がありますが、音楽やCMが省かれた形になっているなど、完全な形ではありません(ダウンロードして手元に残るメリットはありますが)。

ラジコの「タイムフリー」は1週間限定ですが全番組をCMも含めて聴けるということで、いつもの番組を聴き逃してしまったときや、面白かった場面をもう一回聴きたい、いつもは聴けない時間帯の番組をチェックなんてときにも利用できるのは便利そうです。

[追記]
この新機能の計画が明らかになってから1年以上経ちましたが、ついに10月より実証実験が開始。タイムフリーのほかにシェアラジオというSNSを意識した共有機能も実装され、10月11日よりスタートします。当日は宇多田ヒカルの特番も放送予定です。

フォローして更新情報をチェック

  • follow us in feedly