Twitterにリツイートされた回数を計測してくれるサービス「Topsy」のWordPress用プラグインを導入してみました。

同様のサービスとしてTweetmemeもありますが、導入が簡単だったことや、表示箇所を好みの場所に変更出来たこともあってTopsyの方を選んでみました。

バッジの種類やカスタマイズ項目も豊富で、ページ毎(インデックスやカテゴリなど)に表示場所を調整できます。ショートコードを使って好みの場所に設置することも。リツイートされた記事に関しても、他より過去まで遡って見られます。


Topsy Retweet Buttonの導入方法

  1. Topsy Retweet Button か、プラグインの新規追加から検索してダウンロード
  2. ダウンロードしたプラグインをインストールして有効化
  3. オプションで、ボタンの大小や色、表示するページ、場所などを設定して完了

ちょっと配置に手こずったけどなんとか好みの位置に設置完了。

  • Retweet Username – リツイートされた際のユーザーネーム
  • URL Shortener – bit.lyかis.gdの短縮URL(bit.lyの場合はAPI登録も)
  • Visual Appearance – ボタンの種類や大小、色、テキストの変更
  • Button Placement – ボタンの設置場所。記事の前後左右、バッジサイズの個別指定
  • Exclude Categories – 表示しないカテゴリの設定
  • Trackback Comments – トラックバックをコメントに含めるかどうか(?)

最後のTrackback Commentsの効果はちょっと分からないけれど、まあいいか。おいおい調べるとしておこう。日本語を含むタイトルの場合、リツイートした際に文字化けする事があったみたいだけど、僕の場合はPreload Retweet Button のチェックを外したら回避出来ました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で