引っ越し後のネット環境。我が家は「J:COM In My Room」というケーブルテレビやインターネットを20%オフ〜無料で利用できる割安になるサービスに加入している物件で、CATV + ネットが無料だったわけです。インターネット回線は低速の下り12MB。

幸い上限に近い速度が出ていて、スマホからのブラウジングなどには問題ない速度だったわけですが、複数デバイスを接続すると速度が落ちるし、急に接続が切れたりするのが気になるように。上りが遅いことも不満に感じていたところだったので、結局光回線に乗り換えることにしました。

3つのサービスから検討

検討したのは NTT の「フレッツ光」と、KDDI の「au ひかり」、そして下り最大2Gbpsで爆速と噂の So-net の「NURO 光」の3つ。

下り2Gbpsで爆速の NURO 光

まず So-net のNURO 光から。回線を変えるタイミングってそう多くあるものでもないし、せっかくなら速いほうがいいしという単純な理由から。利用している周りからも速いとまずまず評判がよく、自宅もサポート範囲に含まれいたので第一候補でした。

でもそこは賃貸物件。NURO 光は屋外工事で「光キャビネット」の設置が必要で、それに伴うビス留めや光ケーブル引込みに伴う穴あけが発生する可能性があるそうで、その件について大家さんや管理会社さんと交渉したところ、あまりいい返事をいただけなかったために断念。

au ひかり

次に検討したのは KDDI の「au ひかり」です。

これは僕がスマホで au と契約していて、スマートバリューで割引もあるからなのですが、au ひかりの欠点は提供エリアが狭いこと。そして今回もまた、そこに引っかかってしまいました。またしても提供エリア外で断念。

フレッツ光

最後に残った NTT の「フレッツ光」。フレッツはプロバイダ込みの「光コラボレーション」というサービスがあって、これは回線速度や品質はそのままに、プロバイダ+フレッツ光回線をパックにして割安に利用できるというもの。

携帯とセットでおトクなソフトバンク光や au 料金が安くなる So-net 光コラボ、ドコモ光。OCN、ビッグローブ、ニフティといったメジャーなプロバイダ。動画サービスの U-NEXT などの光コラボがあります。

最大割引額が最も大きいのは「ドコモ光」で、ドコモのスマホとネットのセットだと、なんと最大10万3400円割引になります(割引キャンペーンは契約時期によって異なります)。

僕は au ユーザーなので、最終的に「So-net 光 コラボレーション」にしました。キャンペーンに加えて au セット割もしくは au スマートバリューの適用を受けることができ、より安い月額料金で利用できます。

使用しているルーターは NEC の「PA-WG1900HP」というモデル。

1300Mbps (11ac/5GHz帯)+ 600Mbps (11n/2.4GHz帯) という速度で、さすがにその規格値ほどの速さは出ませんが、それでも上りも下りも数百Mbpsまで出るので、これまでとは段違い。いや、そもそも低速のサービスと比較するのがおかしいのかもしれないですけれど。

Radish Networkspeed Testingで測ったところ、Wi-Fi で下のようなスピードになりました。

ルーターから離れた別の部屋でも問題なく電波が届き、十分な速度でネットを利用できます。これで、Dropbox などクラウドサービスのファイル共有もずいぶん楽になりました。

NEC 11ac対応 1300+600Mbps 無線LANルータ(親機単体) PA-WG1900HP
Aterm PA-WG1900HP
メーカー: NEC
発売日:

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で