2016年10月よりスタートした、ラジオ番組を後から聴きなおせるラジコの新機能「タイムフリー」。過去1週間以内に放送された番組をいつでも聴き返せる、聴き逃した番組を聴ける素敵な機能です。ですがただ1つ、「3時間の聴取時間制限」という難点がありました。

参考:ラジコを「タイムフリー」で聴くときに注意したいこと、「3時間」の聴取可能制限は番組の “再生” 時間ではなく再生開始からの “経過” 時間

しかしこれからは、聴取時間の制限が少しゆるくなり、「合計3時間」まで聴くことができるようになりました。

ラジコ、タイムフリーがアップデート

ラジコのタイムフリー機能がアップデートしました。これまでは、「番組の再生開始から “3時間が経過” するまでの間」だったタイムフリーで聴ける時間が「番組を再生開始してから “合計3時間” まで」に改善。細切れ時間を利用した聴取が可能になりました。

以前までのタイムフリーは、過去1週間以内に放送された番組をいつでも聴けるとはいっても、1番組に対するリスナーの持ち時間は、再生開始からの3時間。

ワイド番組の場合、一時に聴けるまとまった時間が結局のところ必要で、細切れに聴くことはできませんでした。

それが今回のアップデートで機能が改善。「再生開始から24時間以内」という条件つきではあるものの、再生時間が合計3時間に達するまでは時間を置いても聴くことができます。たとえば、朝の通勤・通学時間に聴いて、昼休みに途中を聴き、番組の残りは帰宅時や帰宅してから聴くといったことが可能に。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で