オンライン動画配信サービス『Hulu (フールー)』の国内向けサービスを運営するHJホールディングスは2日、5月のシステムリニューアルにおいて、周知不足により視聴出来なくなったユーザーや、システム不具合によりコンテンツを視聴出来なくなったユーザーに対してのお詫びと補填内容を発表しました。

HJホールディングスはまず、視聴ができなくなった利用者に対して「心よりお詫び申し上げます」と謝罪した上で「お客様よりいただいた声を一つ一つ心に刻み、一日でも早く、皆様の信頼を回復できるように努めてまいります」とコメント。その上で、6月1日現在の状況について、以下のように説明しています。

Hulu、リニューアルに伴う不具合の現在の状況を説明

動画再生について

動画の再生に関しては、視聴環境改善のために配信システムへの対応を行い、継続して発生している不具合についても引き続き個別に順次確認・対応を実施していると発表しました。

字幕表示について

初期設定で字幕がオフになっていたところを、現在は初期設定で日本語字幕が表示されるように修正。Apple TV 版については現在対応中です。

対応機種の一部Androidモバイルアプリについて

対応機種でありながら視聴できない設定にされていた、一部 Android 端末については、コンテンツ保護の観点からそのような設定にしていたと説明。現在は設定を見直し、視聴可能なように変更しているとしています(Android 版の対応 OS は Android 4.4 以降)。

その他、今回の Hulu の大規模リニューアルに伴って発生している不具合と対応状況は、Hulu 公式によると5月30日現在で以下のようになっています。一刻も早く快適に視聴できる環境とするよう、全力で対応しているとしています。

事象 原因 対応状況
動画再生が途中で止まる、画質が荒くなる クラウドサービス上のトラブル 一次対応済み
さらなるシステム強化策の対応中
Chromecast(第1世代)の一部において動画が表示できない コンテンツ保護機能の設定 一次対応済み
さらなる修正対応中
字幕が表示されない 初期設定で字幕がオフになっていた 初期設定の日本語字幕オンに修正済
※AppleTVは現在対応中
対応機種の一部Androidモバイルでアプリが動かない コンテンツ保護機能の設定により、本来動くべき一部の機器が動かない設定になっていた 一部該当機器は修正済
一部のFireTV Stickでアプリが停止する プログラム内の設定不具合 プログラム修正済
Webサイトのコンテンツ表示が遅い コンテンツを読み込むプログラムの仕様 一次対応済み
さらなる修正対応中

補填について

今回の視聴不可やシステム不具合に関してのお詫びとして、Hulu は、Hulu を1ヶ月間視聴できる「Huluチケット(1ヶ月分/1,007円)」または「Amazonギフト券(1,000円分)」、もしくは「iTunesコード(1,000円分)」を提供すると発表。

以下のいずれか1点です。

  • Hulu チケット:1ヶ月分/1007円
  • Amazon ギフト券:1000円分
  • iTunes コード:1000円分

対象となるユーザー

補填の対象となるのは、2017年5月17日0時から5月31日11時59分の間に、有料・無料トライアル期間を問わず Hulu 会員だった方のうち、コンテンツ視聴に際して不自由を感じた方。現時点でサービスを退会していても、期間中に Hulu 会員だった場合は対象となります。

退会済みの方は6月中旬頃にメールで連絡予定。

現会員向けの申し込みページの開設は「7月中旬」が予定。スケジュールとしては、申込み専用ページが開設される7月中旬より7月末までにかけて申込みを受け付け、「8月上旬」に、登録メールアドレスへチケット等を送付する流れとなるようです。

スケジュール

7月中旬:申し込み専用ページ開設
7月中旬〜下旬:受付期間(チケット等を送付するメールアドレスの登録が必要)
7月下旬:受付締め切り
8月上旬:登録いメールアドレスにチケット等を送付

具体的な日時が決定次第、登録メールアドレスや Hulu 内のニュース、およびインフォメーション、公式 Twitter、Facebook にて発表するとのこと。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で