U-NEXT (ユーネクスト)

連休で少しまとまった時間がとれるということもあり、最近勢いのある『U-NEXT (ユーネクスト)』を新たに契約してみることに。

事前に検索して評判をチェックしてみると、以前は動画再生の不具合やコンテンツボリュームの乏しさ、退会方法がわかりにくい、動画が止まるなど悪い評価も少なくなかったようです。

ただ、今回実際に入会してみた感想としては、そうした低評価、不満に感じている部分は改善されているように見えました。

U-NEXT (ユーネクスト) とは

U-NEXT logo

U-NEXT (ユーネクスト) は、株式会社 U-NEXT が手がける、日本最大級のデジタルコンテンツ配信サービス。映像コンテンツは12万本以上、雑誌は70誌以上、コミック・書籍は20万冊以上のラインナップが揃っています。

料金について

基本利用料は月額1990円(税抜)。この料金の中に、5万本以上の動画見放題と70誌以上の雑誌読み放題、コンテンツ購入や映画館の割引に使える「U-NEXTポイント」1000円分が含まれています。契約中は、毎月1日に1000円分のU-NEXTポイントが付与されます。

初回31日間の利用料金は、トライアル期間なので無料。また、加入特典として600ポイント(1pt = 1円相当、600円分) がプレゼントされます。

見放題の映像コンテンツもそれなりにボリュームがありますが、他のサービスと同じく最新作に関しては見放題に含まれませんので、コインを使ってレンタル(PPV = ペイパービュー)するという形になっています。

画質

U-NEXT の配信動画は1080pのフルHD画質に対応しています。また一部コンテンツについては、最大4K画質にも対応。

マルチデバイス 対応

U-NEXT』は PC や Mac だけでなく、テレビ、スマートフォン、タブレット端末の視聴にも対応しています。テレビの場合は対応するテレビや『Chromecast』『Fire TV Stick』といったストリーミングデバイスを通じての視聴に、モバイルではブラウザや専用アプリで見ることができます。

Fire TV Stick (New モデル)
Fire TV Stick (New モデル)
メーカー: Amazon
発売日: 2017-04-06

最大4つまでのマルチアカウント 対応

U-NEXT では、「マルチアカウント」による同時視聴に対応しています。「ファミリーアカウント」サービスというもので、最大3つまで無料で子アカウントを作成でき、親アカウントと合わせて最大4つのアカウントで、それぞれ別の作品を見ることができます(同じ作品を同時に見ることはできません)。

また、同一アカウントによる同時視聴は1台まで。たとえばスマホで映像を再生しながら PC でも再生しようとすると、「同時再生エラー」が表示され、後から再生しようとしたデバイスでは見ることができません。別の端末で見る時は、いったん再生を停止する必要があります。

電子書籍も

基本料金の中には、動画コンテンツだけでなく、70誌以上の雑誌の読み放題が含まれています。ボリュームとしては小規模ですが、なかなかうれしいおまけ。

見たい作品を探す

コンテンツのボリューム

U-NEXT の見放題で視聴可能なコンテンツは約5万本。このうち洋画が約1330本、邦画が約1360本なので、映画の割合は多くはありません(2017年4月時点)。新作の入荷が頻繁に行われているので、そこまで少ないという印象もそうないのですが。

レコメンド機能

『U-NEXT』の特徴かと思いますが、おおまかなジャンル以外に、おすすめ作品のピックアップや特集、レコメンド機能が充実しています。映画の視聴履歴やマイリストに応じてパーソナライズドされていくのはよくある機能ですが、さまざまなテーマで組まれるは国産サービスならではの感性があるかも。

興奮して驚愕!アクション映画史を変えた傑作群
映像表現も人間の身体能力も完全超越。新たなアクション描写を生み出したエポック作を網羅!”

なんてテーマだったり、

強くたくましく可愛くキュート!女性が輝く映画たち
恋に仕事に友情に、いつもキラキラ輝く女性をフォーカスした元気になれるポジティブ作品!”

だったりなど。

公式によると、各ジャンルのプロ「賢者」が、1000を上回る特集を作成。特集を通じて、好みのテーマから新しい作品に出会いやすくなっています。

シンプルで分かりやすいプレイヤーは使い勝手良好

見たい作品が見つかったらサムネイルをタップ。画面が切り替わると詳細画面に移ります。見どころやストーリー、作品のポイント、キャスト、スタッフなどをここで確認できます。作品の評価やマイリストへの追加もここで。大きな画像をタップすると再生がスタートします。

動画は字幕/吹替(洋画の場合)や画質の切り替え、ポストプレイ、連続再生のオンオフを設定可能。キーボードの上下でボリュームの変更、左右で10秒単位の早送り/巻き戻しを行えます。

モバイルアプリではシークバーにサムネイル表示も

モバイルアプリで見ている場合は、10秒巻き戻しと30秒早送り、シークバーに合わせたときにはサムネイルも表示され、見たいシーンを探す時に便利です。また左右のスワイプで早送り/巻き戻しも可能です。

動画のダウンロード機能もあるので、ネット接続が難しい環境だったり、スマホの通信量を抑えたい場合には、先に自宅でダウンロードしておいて外出先で見るといった使い方もできます。

気になる点

さて、ここからは利用して気になった点を挙げていきたいと思います。

動画検索はやや不便

特集が充実している一方で、検索はやや不便。検索ワードからは、作品タイトルと出演者・スタッフくらいしか拾ってくれないので、キーワードではかゆいところに手が届かない場合も。

見放題と有料が混在してる

『U-NEXT』は基本料金1990円のサービスですが、この料金で全コンテンツが見放題になるわけではありません。約12万本といわれる配信コンテンツのうち、見放題で楽しめる分は約5万本です。

「見放題」「ポイント」と作品ごとに表示されてはいるものの、同じページに両方が混在していて、見たい作品が有料の場合も少なくありません。フィルタリングもできますが、ちょっとしたストレスに。

それでも、基本料金に1000円分のポイントが含まれているので、ポイントを消費してレンタルすることで、月に何作品かは追加料金なく楽しむことができます。

退会・解約の方法

サービスの使い勝手が好みに合わなかったり、追加される新作コンテンツが合わなかったり、月額1990円の料金が不満など、さまざまな理由から退会・解約したいとなることもあるかと思います。

U-NEXT 解約方法

  • メニューの「設定・サポート」→「契約内容の確認・変更」を選択。
  • 「お手続き」欄にある「解約はこちら」を選択。
  • ページ下部の「次へ」を選択。
  • 任意のアンケートに回答し、解約時の注意事項の同意にチェックを入れ「解約する」を選択。
  • 「解約手続きが完了しました」と表示されるとサービスの解約は完了です。

上記手順で “サービスの解約” は完了となります。アカウントに関しては、他のサービスでも見られるように、再開したときのことを見据えてか、解約処理では削除されず残っています。

再開予定がないときに、アカウントが残っているとモヤッとすることもあるかと思います。次は、アカウントを削除し、完全に退会する方法です。

U-NEXT 退会方法

  • サービス解約完了画面の下にある「契約内容の確認・変更へ」を選択。
  • 「退会時の注意事項」を確認した上で、各項目にチェックを入れ、「退会する」を選択。

これで退会手続きが完了します。以前はサービス引き止めのために、もっと複雑な処理だったりわかりにくかったのかもしれませんが、ユーザーからの不満を受けてなのか今はスムーズに解約・退会することができます。

まとめ

というわけで、あまり目立ってはいないものの、順調に会員数を拡大しているという U-NEXT でした。月額料金の中にPPV作品で使えるポイントが含まれていたり、電子書籍も読めるなど、他の動画配信サービスとは異なるサービス内容となっています。

  • 視聴できるコンテンツは、見放題プランに含まれる約5万本の作品と、コインを使って視聴するPPV作品に分別。全体では約12万本のボリューム。
  • 最高4K画質に対応(一部)
  • 動画の他に、電子書籍のサービスもあり
  • ファミリーアカウントで最大4人までの同時視聴が可能
  • 作品視聴などに使える毎月1000円分のコインが付与

フォローして更新情報をチェック

  • follow us in feedly