spotify_logo_green

以前から日本でのローンチがたびたび噂されてきた世界最大の音楽ストリーミングサービス『Sporify (スポティファイ)』ですが、ついに日本でもサービスがはじまりました。App Store からアプリをダウンロードすることができ、3000万を越える楽曲を聴くことができます。料金プランは広告付きの無料「Spotify Free」と、定額制「Spotify Premium」の2種類。

有料版では広告非表示、320kbpsの高音質、楽曲のDLが可能といった無料版にはない利点があります。

Spotify とは

spotify_running_2

「Spotify」は、2006年にスウェーデンで開始された音楽ストリーミングサービス。欧米を中心に、現在世界で1億人以上のアクティブユーザーを獲得する世界最大手です。

日本版では3000万曲以上が収録。

公式によると、ジャンルは、

  • J-トラック
  • ポップ
  • ロック
  • インディー
  • ヒップホップ
  • R&B
  • オルタナティブ
  • EDM
  • ダンス

などなど。

プランは2つの料金プランが用意されています。今のところ登録は招待制となっていて、招待コードを持つユーザーのみが利用できる状態となっています。公式サイトでは招待コードリクエストのエントリーを受付中。

Spotify の料金プラン

Spotify Free

Spotify は、無料でも楽しむことができます。

  • スマホ、タブレット、パソコンなど、多彩なデバイスで聴ける
  • スマホではシャッフルモードで、アーティスト、アルバム、プレイリストを再生可能
  • 最新のトップチャートや 全プレイリストにアクセス
  • 毎週配信される、カスタマイズされたおすすめの音楽情報
  • プレイリストの作成と共有
  • 全てのジャンルやアーティスト名で選べるラジオステーション
  • タブレット、パソコンでは30日ごとに15時間オンデマンド再生
  • 友達と共同でプレイリストを作成
  • 住んでいる地域のライブ情報を検索

Spotify Premium

「Spotify Premium」では無料版の機能に加えて、

  • 広告の非表示、音楽だけを楽しめる
  • 楽曲をダウンロードしてオフラインで聴くことができる
  • 320kbps の高音質
  • 好きな音楽を好きな順番で聴けるオンデマンド機能

といった機能が追加。より音楽を楽しめます。

App Storeに表示されている価格は480円/840円/960円/1200円/1600円と複数存在。期間に応じた設定なのかもしれません。

Spotify は、DJアプリなどとも連携。招待コードの到着が待ち遠しい。

日本では昨年、Apple Music や Google Play Music、AWA などの音楽配信サービスが次々と立ち上がりました。Spotify のローンチで競争がより激しくなる中、音楽配信市場はどう変化していくでしょうか。

フォローして更新情報をチェック

  • follow us in feedly