オンライン動画配信サービス「Hulu」を運営するHJホールディングスLLCは24日、3月1日より「ナショナル ジオグラフィック チャンネル」のリアルタイム配信を開始すると発表しました。

料金は月額933円(税抜)のまま、ナショジオの「脳トリック 4」や「サバイバルゲーム in アラスカ 3」「メーデー」「密着!ハイウェイ・レスキュー」「世界の巨大工場」「ザ・カリスマ ドッグトレーナー」「シーザー・ミランの 愛犬レスキュー」などの番組が、リアルタイムで視聴可能になります。リアルタイム配信の番組表も公開されています。

またHuluでは見逃し配信も行っているので、「ナショナル ジオグラフィック チャンネル」でリアルタイム配信された作品を後から視聴することも可能です。

なお、リアルタイム配信の対応デバイスは今のところPCとなっており、番組スケジュールはテレビ放送の内容とは一部異なるとのこと。

先日は「ディスカバリーチャンネル」や「ヒストリーチャンネル」の番組配信もスタートし、ドキュメンタリー作品のラインナップが充実してきた印象。

日テレ買収後は、日テレ系を中心に日本向けのコンテンツも以前と比べて格段に充実しました。日テレ傘下ですが在京6局(NHK、日本テレビ、TBS、テレビ朝日、テレビ東京、フジテレビ)のテレビコンテンツが配信されています。

3月6日には、B’zのボーカリスト稲葉浩志さんのソロライブツアー『Koshi Inaba LIVE 2016 ~enIII~』のファイナル、日本武道館公演を独占生配信。番組の幅が広がっています。今後は生配信も増えていくんでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で