『ウイニングイレブン2018』は2017年9月14日発売の、KONAMI のサッカーゲーム。開発はウイイレプロダクション。国内版対応プラットフォームは PlayStation 4 / PlayStation 3。海外版『PES 2018 Pro Evolution Soccer』は PS に加えて Xbox One / Xbox 360 / PC にも対応。

「レジェンドはここから生まれる (Where Legends are made) 」をコンセプトに、ゲームプレイを極限まで洗練。2万を超えるデータが作り出すグラフィックにより、選手やスタジアムはよりリアルに。

アニメーションも改良。選手のアニメーションは基礎から再設計され、現実の選手を操作している感覚が増しているほか、アニメーション同士の繋ぎも滑らかになり、シリーズ史上もっともスムーズな選手の動きが実現。

発売日・価格

発売日:2017年9月14日
価格:
PS4:バルセロナエディション 9,600円(税抜)※ダウンロード版のみ
PS4:7,600円(税抜)
PS3:6,600円(税抜)
※ディスク版、ダウンロード版も同価格

ウイニングイレブン2018 (【初回限定特典】ウサインボルト+UCLエージェント (myclubモード専用) 同梱)
ウイニングイレブン2018
メーカー: コナミデジタルエンタテインメント
発売日: 2017-09-14

新モード・新機能

オンライン CO-OP (PS4 のみ)

2人もしくは3人で協力してチームを操作する「オンラインCO-OP」モードが新搭載。ハード1台で最大3人まで友達同士でチームを作って挑むことはもちろん、自動マッチングで出会った人とその場限りのチームを組み、気軽に対戦を楽しむこともできる。また「myClub」や「PES リーグ」でも「オンラインCO-OP」で対戦可能。

ランダムセレクションマッチ

ユーザーから人気を博していたランダムセレクションマッチが『ウイイレ10』以来に復活。今回は、対戦相手の選手を獲得できる「トレードシステム」が搭載され、対戦相手の攻撃力を奪う、守備力を削るといった駆け引きを楽しめる。

myClub

myClub から e-Sports への参加が可能に。

myClub のスカッドの選手を持ち寄って、新モード「オンライン CO-OP」へ参加が可能。

マスターリーグ

シーズン開始時、クラブの現状に応じた目標が設定されるように。プレシーズン大会が新設されたほか、移籍システムには「契約解除金」の要素が加わった。また演出も強化。重要な試合前のインタビューセッションや、ロッカールームシーンなどの演出が追加されている。

サッカー中継を再現した演出(PS4 のみ)

演出面がサッカー中継を意識した演出に強化。インターフェイスは現代的なデザインに刷新。試合中の演出は一新され、あたかもサッカー中継を見ているかのような雰囲気を味わえる。フォーメーション表示や試合中のスタッツ表示などで、選手の実写素材が活用される。

PES リーグが改善

ウイニングイレブンの公式eスポーツ大会「PES リーグ」がパワーアップ。従来の1vs1の対戦形式だけでなく、myClubやオンライン CO-OP、ランダムセレクションマッチなど、多くのカテゴリーでもPESリーグを楽しむことができるように。

選手能力が平均化される機能が追加され、選手の個性はそのままに、クラブの総合値が同じ状態で戦える対戦カテゴリーが追加される。

無料体験版

8月30日より、『ウイニングイレブン 2018無料体験版』が配信。FCバルセロナ、ボルシア・ドルトムントなどのクラブチームと、ドイツなどのナショナルチームを含む全12チームが使用可能。スタジアムはカンプ・ノウとジグナル・イドウナ・パルクが搭載される。

協力してチームを操る新モード「CO-OPモード」(PS4のみ)やエキシビジョンマッチを体験可能。

ライセンス

オフィシャルパートナーシップ

リーグライセンスとは別に、世界13のクラブとオフィシャルパートナーシップを締結。本物がゲーム内で再現される。

  • FCバルセロナ
  • ボルシア・ドルトムント
  • リヴァプールFC
  • ヴァレンシアCF
  • フラム
  • フラメンゴ
  • コリンチャンス
  • リーベル・プレート
  • インデペンディエンテ
  • コロコロ
  • ウニベルシダ・デ・チリ
  • アリアンサ・リマ
  • スポルティング・クリスタル

クラブチーム、リーグ

イングランドリーグ (プレミアリーグ)

プレミアリーグは「イングランドリーグ」という架空のリーグ名で収録。オフィシャルパートナーであるリヴァプールやアーセナルは実名収録。その他18クラブチームは偽名。

イングランド2部リーグ (フットボールリーグ・チャンピオンシップ)

フットボールリーグ・チャンピオンシップは「イングランド2部リーグ」という架空のリーグ名で収録。参加24クラブのうちフラムのみ実名で収録されている。

Legue 1 Conforama (フランス)

フランスのリーグ・アンはリーグ冠からクラブチームまでフルライセンスで実名収録。

Domino’s Ligue 2(フランス)

フランスの2部リーグ、リーグ・ドゥはリーグ冠からクラブチームまでフルライセンスで実名収録。

イタリアリーグ (イタリア セリエA)

セリエAは「イタリアリーグ」という架空のリーグ名で収録。ユベントスを除く19クラブは実名。インテルはさらにオフィシャルパートナーを結んでいる。

イタリア2部リーグ

セリエBは「イタリア2部リーグ」という架空のリーグ名で収録。クラブ名も架空のものになっている。

エールディヴィジ (オランダ)

オランダ1部リーグエールディヴィジはリーグ冠からクラブチームまでフルライセンスで実名収録。

スペインリーグ (ラ・リーガ、リーガ・エスパニョーラ)

スペインリーグという架空のリーグ名で収録。オフィシャルパートナーシップを結んでいるバルセロナとバレンシア、アトレティコ・マドリーのみ実名。他クラブは架空のクラブ名で収録。

スペイン2部リーグ

スペイン2部のセグンダ・ディビシオンは「スペイン2部リーグ」という架空のリーグ名で収録。バルセロナBを含め、全クラブチームが架空のクラブ名で収録。

ポルトガルリーグ (プリメイラ・リーガ)

ポルトガル1部リーグ「プリメイラ・リーガ」は「ポルトガルリーグ」という名称で収録。ポルト、ベンフィカ、スポルティングCPの3チームが実名。他クラブは架空の名称となっている。

CAMPEONATO BRASILEIRO (ブラジル)

ブラジル1部リーグ「カンピオナート・ブラジレイロ」セリエAはフルライセンスで収録。フラメンゴとコリンチャンス、ヴァスコ・ダ・ガマとはさらにオフィシャルパートナー契約を結んでいる。

アルゼンチンリーグ (プリメーラ・ディビシオン)

アルゼンチン1部リーグは「アルゼンチンリーグ」という架空の名称で収録。ただし全クラブが実名収録。さらにインデペンディエンテ、リーベル・プレートとオフィシャルパートナー契約を結んでいる。

チリリーグ (プリメーラ・ディビシオン)

チリ1部リーグは「チリリーグ」という名称で収録。ただし全クラブが実名収録であることに加えて、コロコロ、ウニベルシダ デ チレとオフィシャルパートナー契約を結んでいる。

その他(ヨーロッパ)

その他のヨーロッパ地域から12カ国25チームが収録。

  • クラブ ブルッヘ(ベルギー)
  • ヘント(ベルギー)
  • アンデルレヒト(ベルギー)
  • スパルタク・モスクワ(ロシア)
  • ゼニト・サンクトペテルブルク(ロシア)
  • CSKAモスクワ(ロシア)
  • ヤングボーイズ(スイス)
  • バーゼル(スイス)
  • ベシクタシュ(トルコ)
  • フェネルバフチェ(トルコ)
  • ガラタサライ(トルコ)
  • ディナモ ザグレブ(クロアチア)
  • スラヴィア・プラハ(チェコ)
  • コペンハーゲン(デンマーク)
  • ボルシア ドルトムント(ドイツ)*オフィシャルパートナー
  • シャルケ04(ドイツ)
  • ライプツィヒ(ドイツ)
  • AEKアテネ(ギリシャ)
  • オリンピアコス(ギリシャ)
  • パナシナイコス(ギリシャ)
  • PAOK(ギリシャ)
  • ステアウア ブカレスト(ルーマニア)
  • マルメ(スウェーデン)
  • ディナモ キエフ(ウクライナ)
  • シャフタール ドネツク(ウクライナ)
その他(南米)

リーグ未収録のその他南米地域から4カ国8チームが追加収録。

  • アルヘンティノス・ジュニオルス(アルゼンチン)
  • ギジェルモ・ブラウン(アルゼンチン)
  • インテルナシオナウ(ブラジル)
  • レッドブル・ブラジウ(ブラジル)
  • アトレティコ・ナシオナル(コロンビア)
  • ミジョナリオス(コロンビア)
  • アリアンサ リマ(ペルー)*オフィシャルパートナー
  • スポルティング クリスタル(ペルー)*オフィシャルパートナー
AFC Champions League

「AFCチャンピオンズリーグ2017」に出場したアジアの32チームが収録。Jリーグからはガンバ大阪、鹿島アントラーズ、川崎フロンターレ、浦和レッズが登場。

  • アデレード・ユナイテッド(オーストラリア)
  • ブリスベン・ロアー(オーストラリア)
  • ウェスタン・シドニー・ワンダラーズ(オーストラリア)
  • 広州恒大淘宝(中国)
  • 江蘇蘇寧(中国)
  • 上海上港集団(中国)
  • 東方(香港)
  • エステグラルFC(イラン)
  • エステグラル フゼスタン(イラン)
  • ペルセポリス(イラン)
  • ゾブ アハン(イラン)
  • ガンバ大阪(日本)
  • 鹿島アントラーズ(日本)
  • 川崎フロンターレ(日本)
  • 浦和レッドダイヤモンズ(日本)
  • アル・ラーヤン(カタール)
  • レフウィヤ(カタール)
  • FCソウル(韓国)
  • 済州ユナイテッド(韓国)
  • 水原三星ブルーウィングス(韓国)
  • 蔚山現代(韓国)
  • アル・アリ(サウジアラビア)
  • アルファティフ(サウジアラビア)
  • アル・ヒラル(サウジアラビア)
  • アルターウォン(サウジアラビア)
  • ムアントン・ユナイテッド(タイ)
  • アル・アリ(UAE)
  • アル・アイン(UAE)
  • アル・ジャジーラ(UAE)
  • アル・ワフダ(UAE)
  • ブニョドコル(ウズベキスタン)
  • ロコモティフ タシケント(ウズベキスタン)

ナショナルチーム

日本代表や協会とのオフィシャルパートナー契約を結び、よりリアルになって収録されるアルゼンチン代表をはじめ、世界各国から80以上のナショナルチームが収録。大半は実名であるが、偽名のチームも多い。

スタジアム

ライセンスを取得済みの実名スタジアムが19、架空・オリジナルの16スタジアムが初期収録。

ウイニングイレブン2018 (【初回限定特典】ウサインボルト+UCLエージェント (myclubモード専用) 同梱)
ウイニングイレブン2018
メーカー: コナミデジタルエンタテインメント
発売日: 2017-09-14