t011.orgで期間内に公開した記事を中心に1週間を振り返る人気記事10選。今回は7月6日~7月12日分です。

猛暑に包まれた週明け、驚きと同時に悲しいニュースが入ってきました。任天堂・岩田社長が55歳の若さで亡くなりました。最近は次々と新しい戦略を打ち出して、任天堂が大きく変わろうとしていた矢先。社長が訊くやニンテンドーダイレクト、あるいは決算説明会等で今後のプロジェクトについて岩田社長から直接話しを聞けないのはとても残念。ご冥福をお祈りします。

さて、人気記事ですが、任天堂の最新新規IP『スプラトゥーン』の勢いが続き、遂にeショップチャートの累計トップに上り詰めた記事や、『FEif』の第3のシナリオが早くもリリース、『リンクの冒険』インスパイアの『Elliot Queest』に日本配信計画があることなどが話題となりました。

目次:

サイト内人気記事10選(2015.7.6-7.12)

1. 任天堂の新規IP『スプラトゥーン』、発売6週目で『ドラクエ10』を抜きWiiU eショップの累計販売数トップに

Splatoon(スプラトゥーン)
発売6週目でこれまでeショップチャートの累計トップだった『ドラゴンクエストX』を抜いて、頂点に立ちました。

2. 3DS『FEif』第3のシナリオ「インビジブルキングダム」がリリース。白夜王国と暗夜王国、どちらにもつかないもう1つの選択肢

ファイアーエムブレムif インビジブルキングダム

2大勢力のどちらに付くかを選択する『ファイアーエムブレムif』ですが、どちらにも付かないという新たな選択肢を選べる第3のシナリオがリリースされました。

3. 『リンクの冒険』インスパイアのレトロピクセルアドベンチャー『Elliot Quest』、日本配信も予定「WiiU版はSteam版よりはるかに売れている」

Elliot Quest

『リンクの冒険』から影響を受けたという『Elliot Quest』の開発者がWii U版の売り上げが好調であることを報告し、また日本配信の計画があることも明らかになりました。

4. 任天堂×DeNAのスマホゲーム展開、2017年3月末までに投入予定の5タイトルは全て別ジャンル

2015年内に1本、2017年3月までに計5本をリリース予定の任天堂×DeNAによるスマホゲーム事業。投入タイトルは全て異なるジャンルになることが明らかになりました。

5. ドラクエ新作は『マイクラ』的サンドボックス要素を加味、“ブロックメイクRPG”『ドラゴンクエストビルダーズ』が発表

これまでも色々なジャンルに挑戦している『ドラクエ』シリーズですが、『マインクラフト』要素を導入した新作が発表されました。

6. WiiU『スプラトゥーン』、欧米第1回フェスの結果。北米「ネコvsイヌ」欧州「ロックvsポップ」

延期されていた海外フェスが無事に開催され、結果が報告されています。

7. WiiU『スプラトゥーン』、新ステージ“Moray Towers(タチウオパーキング)”は明日11日に解禁

これまでのステージには無かった高低差のあるデザインとなっている“Moray Towers(タチウオパーキング)”が解禁。ステージの構造的に、ナワバリバトルであってもややガチに近い撃ちあいが繰り広げられます。

8. 噂:任天堂コラボが実現したActivisionの『Skylanders SuperChargers』、任天堂が国内販売を担当か

電撃オンラインのスケジュールに任天堂発売だとして掲載。発売日は未定に変更されましたが、発売計画はある模様。

9. 任天堂、『amiibo スプラトゥーンシリーズ(ガール/ボーイ/イカ)』は7月9日より再出荷。トリプルセットは追加無し

即完売状態だった『amiibo スプラトゥーンシリーズ』が再出荷。陳列状態を見ること無く、再び瞬殺。

10. ゲーム版スヌーピー、『The Peanuts Movie: Snoopy’s Grand Adventure』が正式発表。WiiU/3DSなどに対応

映画版を題材にしたスヌーピーのビデオゲームが、Activisionから発表されています。Wii Uや3DSでも発売

PickUp: 女子も楽しめるWiiU/3DSソフトを体験、無料イベント「Nintendo Girls Game Museum」が千葉・神奈川で開催

今年は例年以上に女性層の獲得を目指す任天堂。この夏体験イベントを開催します。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で