t011.orgで期間内に公開した記事を中心に1週間を振り返る人気記事10選。今回は6月15日~6月21日分です。

今週はE3 2015が開催。各社様々なソフト情報がドッと解禁されています。任天堂からも新作が複数発表。ただ本編新作ではなく素材や世界観を流用したスピンオフ的なソフトが多く、盛り上がりとしてはいまいち。

サッカー日本代表。カナダでワールドカップを戦うなでしこジャパンは、苦しみながらもグループリーグC組を3連勝で決勝トーナメントに進出。日本時間24日11時にオランダ代表との決勝T1回戦を迎えます。日本はランキング上位とは決勝まで当たらず、トーナメントの組み合わせ的には恵まれています。しかし何が起こるかわからない一発勝負のトーナメント。まずは目の前のオランダ戦。

男子もロシア大会へ向けたアジア二次予選がスタート。16日にホームでシンガポールと対戦しましたが、圧倒的優位とされながら得点を奪うことができずに0対0。ロシアへの道のりはまさかのドロー発進となりました。縦の意識が強すぎたか。複数大会に出場している中堅・ベテラン陣も試合のリズムを変えることができませんでした。くっ。

目次:

サイト内人気記事10選(2015.6.15-6.21)

1. WiiU『どうぶつの森 amiibo フェスティバル』はソフト無料。3DS『ハッピーホームデザイナー』との連動要素も

どうぶつの森 amiibo フェスティバル
遊ぶためには必ず対応アミーボが必要(1人1体)になるため、ソフトは無料になるとの情報。

2. 米任天堂・レジー社長が語る、WiiU『ゼルダの伝説』がE3に出展されなかった理由

ゼルダの伝説 最新作
E3の出展テーマ(発売時期や“変化”)に従い、そこに含まれないソフトは公開されませんでした。

3. 据置ゲーム機向け『ゼルダの伝説』最新作はWii U向けで変更無し。映像を準備中

ゼルダの伝説

E3 2015には出展されなかったゼルダ最新作ですが、新たな映像が準備中とのこと。

4. 任天堂・田邊プロデューサーが語る『メトロイドプライム』新作の構想「まだやり残したことがある」

3部作で一応完結を見ている『メトロイドプライム』ですが、シリーズの今後の計画があるようです。

5. 『マリオメーカー』改め『スーパーマリオメーカー』、クッパクラウンにクッパJr.、各種被りもの、ハイヒールのブーツマリオなどの登場も判明

過去作品のアセットを組み合わせるだけでなく、新たに追加された要素も複数あるようです。

6. WiiU『Project Guard / Giant Robot』の進捗。『Guard』は『スターフォックス』関連作としてプラチナゲームズと開発中、『Giant Robot』は保留に

昨年発表されたGamePad活用タイトル群ですが、一部は発売されない可能性も出てきています。

7. 任天堂『メトロイドプライム』プロデューサー「今から新作を開発するならWiiUではなくNX向け」「ナンバリングを続けたい」

NXがホームコンソールである、Wii U向けには開発されていない可能性など、なにげに重要な発言では。

8. WiiU『スターフォックス ゼロ』、“スターウルフ”の面々も登場

おなじみスターウルフのメンバーも無事登場するようです。

9. WiiU『スプラトゥーン』、北米の第1回フェスが開催延期に「マッチング問題の修正に時間が必要」

日本でのマッチング問題を受け、北米開催が延期となりました。

10. WiiU『スーパーマリオメーカー』、タッチした『amiibo』キャラクターがマリオに代わって登場

アミーボ連動要素として、タッチしたキャラクターが登場するという試み。

PickUp: 人気が続く任天堂の『amiibo』、4月の新作はアメリカでミリオンセラーを達成「供給の2〜3倍の高需要」

新作だけでミリオンセラーとなるなど、勢いは衰えを知りません。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で