t011.orgで期間内に公開した記事を中心に1週間を振り返る人気記事10選。今回は3月29日~4月4日分です。

この1週間、東京ではちょうど桜が満開でした。週末の天気は残念ながら崩れてしまいましたが、この時期は名所でなくともいたるところに桜が咲いて、春のイメージそのままな景色を堪能することができますね。入学式時期に桜が咲いている、地元北海道ではまず見ることができませんが、むしろ空き地に雪が残っていたりすることもありますが、こっちにいると実際に見ることが出来る景色なのだなと納得するのでした。

サッカー日本代表も、ウズベキスタン戦で初ゴールを決めた選手が3人生まれるなど、世代交代の足音。まあまだホームの親善試合での結果でしかありませんが、18年を見据えたチームに若手の台頭は欠かせません。現主力は格の違いを見せてくれますが、彼らの多くも18年にはベテランの域ですからね。

コンサドーレ札幌は停滞中。攻撃の形は、いい時間帯も作れ始めているので、これを続けていければと思いますが、失点が減りません。守備力は開幕前から懸念していた点ですけれど、守備に人数を割きながら毎試合失点が続いているのはいただけません。

目次:

サイト内人気記事10選(2015.3.29-4.4)

1. 任天堂、今年のE3は2015年内発売ソフトにフォーカス

岩田社長とマリオブラザーズ
Wii U『ゼルダの伝説 最新作』の出展は残念ながらありませんが、年内予定タイトルにフォーカスした出展形式となるようです。

2. WiiU『マリオカート8』の200ccはどれほど速いのか、150ccとの比較映像「ドルフィンみさき篇」

WiiU_Mk8_dlc_villager
200cc vs. 150cc の比較映像が、任天堂UK公式からアップされました。ちょっぱやです。

3. レイマン公式や海外コナミ、『スマブラ3DS/WiiU』参戦リクエストボックス「スマブラ投稿拳」に反応

Rayman Legends
ユーザーだけでなく、メーカーも「スマブラ投稿拳」で盛り上がっています。

4. WiiU『ZombiU 2』、2人協力プレイを特色とするサバイバルホラーになる予定だった

開発中止となった『ZombiU 2』ですが、少なくともローカルでの協力プレイ実装が計画されていました。

5. 『スーパーマリオ64』の「ボムへいのせんじょう」HDリメイク、任天堂からの要請により削除

素晴らしいクオリティだった『Super Mario 64 HD』ですが、任天堂からの削除申し立てにより、実際に遊ぶことができるブラウザ版、ファイル版すべてが削除されました。現在は映像のみが残っています。

6. Xbox事業のボスPhil Spencer氏、『バンジョー』参戦にポジティブな回答「次の『スマブラ』DLCに入ったらクールだろうね」

マイクロソフト、Xbox事業のボスPhil Spencer氏もまた、「スマブラ投稿拳」でバンジョーが選ばれることを期待しているようです。

7. 任天堂、海外で高評価のWiiU DLソフトを日本語化「ちょっと気になる世界のゲームを日本のみなさまへ」

海外で評価の高いWii U DLソフトを、任天堂がローカライズ。現在は3作品がリリースされています。

8. VC配信に期待。GBA『スクリューブレイカー 轟振どりるれろ』が豪州レーティング審査を通過

GBAの隠れた名作『スクリューブレイカー 轟振どりるれろ』がACBのレーティング審査を通過。Wii U VCとしてのリリースに期待がかかります。

9. WiiU『YNN』視聴アプリがついにリリース

Wii Uローンチ期から配信が計画されていた『YNN』視聴アプリが、4月1日に遂にシリースされました。エイプリルフールではありません。

10. バンダイナムコ、自社IPの利用権を開放。『パックマン』『ゼビウス』『ギャラガ』『ワギャンランド』など17作品のコンテンツ利用や二次創作が可能に

バンダイナムコがレトロゲームのIPの利用権を他社に開放する興味深い取り組み。これまでよりも審査が簡略化され、使用しやすくなっているそうです。

PickUp: 『スマブラ3DS/WiiU』にさらなる新参戦ファイター、『メガテン×FE』がお披露目、『ぶつ森』新作、『マリカ8』で200cc解禁など「Nintendo Direct 2015.4.2」まとめ

新年度初のニンテンドーダイレクトが2日に配信。『メガテン×FE』が遂にお披露目となるなど、『ファイアーエムブレム』関連が3作品紹介。また『スマブラ3DS/WiiU』や『マリオカート8』のDLC・更新情報も紹介されました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で