t011.orgで期間内に公開した記事を中心に1週間を振り返る人気記事10選。今回は3月15日~3月21日分です。

先週最も注目を集めたのは、任天堂とDeNAの業務資本提携の話題でした。その中で、任天堂は、新型ゲーム機「NX」を開発中であると発表。提携と共に次世代機への関心も。任天堂は昔からネットワーク分野にトライし続けていますが、不得手としている分野でもあります。ノウハウのあるDeNAというパートナーを見つけ、克服していけるのか注目されます。

サッカー日本代表、ハリルホジッチ体制下では初のメンバーが発表。ロシアW杯を見据えているということで、ベテランは選ばれませんでした。今の主力であっても18年には30歳を過ぎてサッカー選手としてはキャリア終盤となる選手が増えてくるので、今後も入れ替わりはありそうです。ただ選手が入れ替わるのではなく、日本というチームが前進していくために、若手の台頭は欠かせません。下の世代からも現代表選手を脅かす存在が出てきてほしいですね。

目次:

サイト内人気記事10選(2015.3.15-3.21)

1. 任天堂の新型ゲーム機「NX」、豪州小売店で予約受付開始

nintendo 任天堂 ロゴ
新ハードが発表された時の恒例行事だということですが、それにしても早いですね。

2. 任天堂、全く新しいコンセプトの新型ゲーム機プラットフォーム“NX”を開発中「専用機ビジネスに対する情熱を持ち続けている」

nintendo 任天堂 ロゴ
3DS、Wii Uと並ぶ形で示されており、単純に現行ハードと置き換わる次世代機ではない可能性も。

3. New3DS専用『ゼノブレイド』、DL版利用時は8GB以上のmicroSDHCカードが推奨

Xenoblade
ダウンロードに必要な空き容量が最大3.6GBだということで、付属する4GBよりも大きなサイズが推奨されています。

4. クラブニンテンドーに最後の新規アイテムが追加。『タオルハンカチ イカ(スプラトゥーン)』や『ニッキーの旅するクイズ(テーマ)』など

サービス終了前最後のグッズ追加が行われました。

5. 任天堂のキャラクターIP活用、映像コンテンツ化も進行中

任天堂IPの積極展開、グッズ化だけでなく、映像コンテンツの企画も動いているようです。

6. 任天堂、DeNAと業務・資本提携。スマートデバイス向けゲームアプリや会員サービスを共同開発・運営へ

DeNAと業務資本提携を行い、スマートデバイス向けにも本格的に進出していくことが発表されました。パートナーを見つけ、本格展開が動き出します。

7. 『バンジョーカズーイ』後継作“Project Ukulele”の初スクリーンショットが公開。Kickstarterも5月に開始

『バンジョーとカズーイの大冒険』の流れを汲む後継作として開発が行われている“プロジェクト・ウクレレ”のスクリーンショットが初公開されました。メインキャラクターもちらり。

8. 任天堂、New3DS XLを韓国で5月1日に発売。同時発売に『パズドラZ+パズドラマリオ』パック

New3DS/New3DS XLの発表や、春以降の3DSソフト主要ラインナップが発表されています。他地域と絡めたものではなく、韓国地域向けの独自ダイレクトでした。

9. ジェスチャーで楽しむ『バンジョーとカズーイの大冒険』のインタラクティブなデモがSXSW限定で公開

レアが直接手がけたものではありませんが、『バンジョーとカズーイの大冒険』のインタラクティブ・デモがSXSW限定で公開されました。

10. 恐竜でもプレイ可能、パーク内をドライブ出来るなど『LEGO Jurassic World』のゲームディティールが公開

国内でも2015年内に発売予定とされる『LEGOジュラシック・ワールド』のディティールが、プレビューから一部判明しています。

PickUp: N64時代の3Dアクションスタイル『FreezeME』がWiiUに対応。デベロッパーは任天堂と公式ライセンス契約を締結

『スーパーマリオ64』を彷彿とさせるような3Dアクションが、Wii Uに対応します。楽しみ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で