t011.orgで期間内に公開した記事を中心に1週間を振り返る人気記事10選。今回は2月9日~2月15日分です。

さっぽろ雪まつりが閉幕し、バレンタインも終了。いよいよ冬のピークを過ぎて春へと向かい出すかなあといったところですが、とはいえまだ寒さが続いていますので体調にはお気をつけください。

さて、沖縄キャンプが続くコンサドーレ札幌ですが、11日に札幌市内で開催されたサポーターミーティングにて、チームの名称が「北海道コンサドーレ札幌」へ変更することが野々村社長から発表されました。コンサはこれまでも北海道全域をホームタウンとしてきたわけですが、チーム名に「北海道」を加えることで、北海道代表色をより強く押し出していこうという考え。

北海道は複数他県を飲み込む広さに550万人程度の人口ですから、他地域の方々とは物理的な距離もあります。名前を付けたところでどこまで身近に感じてもらえるかは今後の活動次第でしょうね。

名前はちょっと長いですね。これまでも短くありませんでしたが、新名称は「コンサドーレ」に道産子が既に入っているところへさらに北海道を被せているので、若干のくどさも感じます。使われる際には短縮されたりするのでしょうけれど。

さて、人気記事ですが、今週は『バンジョーとカズーイの大冒険』の後継作“Project Ukulele”が進行中であるとの発表が1位に。今度こそ製品化されることを期待したいところ。その他2015年1月のUS市場動向や、New3DSローンチを控えたヨーロッパ、「社長が訊く」が遂に復活など、直接のソフト情報以外の記事も上位に。

目次:

サイト内人気記事10選(2015.2.9-2.15)

1. 今度こそ形になるか、元レアスタッフの新興スタジオが『バンジョーとカズーイの大冒険』の後継作を開発中。WiiU対応も示唆

Project Ukulele - teaser image
たびたび噂やプロジェクトが話題になるレアが残した名作3Dアクション『バンジョーとカズーイの大冒険』の後継作ですが、再び元レアスタッフのスタジオが製作に取り掛かっているようです。

2. WiiU『ゼノブレイドクロス』のOff-TV Play対応は「特に海外からの要望が多かった」

XenobladeX(ゼノブレイドクロス)
据置需要の強い海外ですが、自由な姿勢でWii Uのゲームを遊ぶことができるGamePad単体でのOff-TV Playも望まれています。

3. WiiU『スプラトゥーン』の北米版パッケージ、公式サイトのメインビジュアルを踏襲した躍動感のある賑やかなデザインに

Splatoon(スプラトゥーン)
5月に世界同時期発売が予定される『Splatoon』の北米版パッケージが公開されました。

4. 3DS『Ironfall: Invasion』の60fpsローンチトレーラー、無料体験版、シングル/マルチプレイを分割販売する試みも

3DSで本格TPSを楽しめる『Ironfall: Invasion』。ローンチトレーラーやユニークな販売方法が発表されています。

5. 「社長が訊く」が満を持して復活。再開第1弾は『ゼルダの伝説 ムジュラの仮面3D』

1年強の休止を経て、「社長が訊く」が『ゼルダの伝説 ムジュラの仮面 3D』で復活しました。

6. 『MH4U』とNew3DSで、いよいよ西洋でも『モンハン』のブレイクを期待する欧州任天堂

近年は海外でも評価が高まっているにもかかわらず、なかなかセールスに結びつかない『モンスターハンター』ですが、いよいよブレイクするのではと任天堂も期待を寄せています。

7. ソフト・ハード共に前年越えのWiiUが改善傾向にある、米任天堂の2015年1月販売成績

爆発的なセールスとはいかないにせよ、着実に販売を伸ばしています。

8. WiiU『マリオパーティ10』、『amiibo(スーパーマリオシリーズ)』6体全部入りセットが北米で発売

amiibo マリオ』が同梱するセットは任天堂公式で用意されますが、スーパーマリオシリーズ6体全てがセットになったパッケージが北米小売GameStopで販売されます。

9. WiiU版『Teslagrad(テスラグラッド)』、国内ではUnity Games Japan/架け橋ゲームズから配信へ

国内での正式アナウンスはまだですが、デベロッパーのRain Gamesから日本版に関して発表がありました。

10. 欧州任天堂、New3DSや『ムジュラ』『モンハン』のローンチへ万全の準備「13日の金曜日の迷信を覆す」

13日の金曜日という不吉とされる日に海外ローンチを迎えたNewニンテンドー3DSや『ムジュラの仮面3D』等の同時発売ソフト。しかし任天堂はその迷信を覆すと新ハードやソフト発売を盛り上げる準備を進めています。

PickUp: 任天堂・開発スタッフが語るWiiU『スプラトゥーン』、“空気を読む”遊びにこだわったオンラインの仕様などが新たに判明

任天堂開発スタッフによる『スプラトゥーン』インタビュー。オンラインの仕様などが明らかになりました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で