t011.orgで期間内に公開した記事を中心に1週間を振り返る人気記事10選。今回は2015年2月1日~2月7日分です。

サッカー日本代表のハビエル・アギーレ監督が、就任から半年足らずで解任。アジアカップはベスト8で大会を去ることになりましたが、目指す方向性、攻撃的なスタイルは見え始めていただけにやや残念な気持ちもあります。早くも固定化しはじめていた選手起用をもっと柔軟にできれば……なんてたらればを考えたりもしますけれども。

とはいえ、成績を見ればアジアカップの準々決勝敗退は5大会ぶりで、Jリーグ発足後だとワーストタイという不名誉な記録。なので仮に八百長疑惑の件が無かったとしても、そうなる可能性はあったでしょうね。ただ円満な関係での契約解除だったようなので、その点は次の交渉を考えても評価できるのではないかと思いますけれども。

後任監督には何人か噂も含めて名前が挙がっていますが、はたして誰になるのか。

さて、人気記事ですが、先週は『スプラトゥーン』や『ゼノブレイドクロス』関連で新規の情報が出たことで、それらの記事が注目を集めました。『スプラトゥーン』に関しては、珍しくはてブやグノシーからもアクセスがありましたよ。ありがとうございます。

その他、北米クラニンテンドーの最後のリワードカタログ更新や、WiiディスクソフトDL版のサードパーティタイトルの取り扱いについて、『ルイージマンション アーケード』などが注目されました。

目次:

サイト内人気記事10選(2015.2.1-2.7)

1. 任天堂・開発スタッフが語るWiiU『スプラトゥーン』、“空気を読む”遊びにこだわったオンラインの仕様などが新たに判明

Splatoon(スプラトゥーン)
ランダムマッチングなど、メインであるオンラインマルチプレイのディティールが明らかになりました。

2. 北米クラブニンテンドーが最後の交換グッズ更新。『ゼルダ』関連アイテムや複数のWiiU/3DSパッケージソフトを含む100以上のデジタルゲームなど

Cn_Zelda_Jigsaw_Puzzle
世界的に終了となるクラブニンテンドー。北米のリワードカタログが更新され、膨大なデジタルゲームや『ゼルダの伝説』関連グッズなどが追加されました。

3. WiiU『ゼノブレイドクロス』本体同梱セットが発表。eショップで販売開始、オンラインクエストは4人まで参加可能

XenobladeX(ゼノブレイドクロス) - メインビジュアル
『ゼノブレイドクロス』では特典付きの本体同梱セットが用意されることに。またDL版の予約販売がスタートし、最大4人まで参加できるオンラインクエストの概要や画質、Off-TV Play対応などが明らかになりました。

4. WiiソフトDL版のサードパーティタイトル対応、任天堂は「ノーコメント」

需要は決して小さくないだろうWiiディスクソフトDL版のサードパーティタイトル対応。しかし今の所、任天堂から発表できるものはないようです。

5. 任天堂、安定性や利便性向上の3DSシステムバージョン「9.5.0-22」をリリース

マイナーアップデートが行われました。

6. 黒基調にトライフォースが描かれた、『ゼルダの伝説』がテーマの新たなNew3DS用きせかえプレートNo.055

『ゼルダの伝説』をテーマとする、シックなきせかえプレートが登場します。

7. ゴールド/シルバーの特別な『amiibo マリオ』が製造。北米クラブニンテンドー会員ランク特典で提供か

北米向けにゴールド・シルバーの『amiibo マリオ』が判明。一般販売は無さそうに見えます。

8. 『ルイージマンション アーケード』は2015年6月に稼働開始予定。『2』の販売本数は世界400万本を突破

ルイージ主演の『ルイージマンション』がアーケードゲームとして登場。6月には一般向けに稼働開始予定です。

9. 『Gunman Clive』の総売上が40万本を突破。全体の8割以上は3DS版で、うち4割を日本で販売

eショップで配信中の2Dアクション。販売数が報告されました。

10. WiiU『スプラトゥーン』公式サイトが開設。タコ軍団の名称が判明したほか、これまでの情報をざっくりおさらい

5月発売予定の『Splatoon』に早くも公式サイトが登場。これまでの情報をざっくりと振り返ることができるほか、スクリーンショットや映像を見ることができます。

PickUp: 任天堂、『メトロイド』新作は伝統的な2D探索アドベンチャーと『プライム』型の3D両方を計画

中断となったプロジェクトの話も最近は出てきていますが、今年は新作の情報を目にしたいものです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で