北京五輪の代表選手が各国で続々と発表になっています。その中でも開催地に対する不安とは裏腹にアルゼンチンとブラジルのメンバーが本気すぎて笑う。

アルゼンチンは、メッシ、アグエロ、バネガら+OAにリケルメ、マスチェラーノ、ブルディッソ。

ブラジルは、アレシャンドレ・パトやジエゴ、チアゴ・ネーヴィスら+OAにロナウジーニョとロビーニョ
。ジエゴってまだ若かったんだね。年知らないとびっくりするなあ。ロビーニョの方が若そうに見えるもの。ロナウジーニョはここで輝きを取り戻して欲しい。

ほんとこの南米2強は層の厚さを見せつけてきますね。U-23なのに名前の知れた選手ばかりだよ。どうなってんだ。アルゼンチンは前回大会でもテベスを中心にして格の違いを見せて優勝しているだけに今回も楽しみ。

そして日本代表は7/29にこのアルゼンチンと親善試合するんだよね。アルゼンチンとは何度かフル代表も試合していますが、アウェーでも彼らは観光でなんて手抜きせずに本気でやってくるから今回も色んな意味で楽しみです。日本でガチのメッシが見れるというのはそうそう無い機会なので生で見たいなあ。

日本代表はというとOA枠1人、ガンバ大阪のガチャピン遠藤。しかしその遠藤は体調不良でダウン中な上に出場が無理っぽいという。うん、0って事ですよね。つまり。

遠藤が無理なら0で行くみたいですけど、勝ちに行くならOA使った方がいいんじゃないのかな。はたまたどこかで聞いたような北京経由南ア行きですか。ってアテネ世代からこの北京世代は大会開催地に恵まれてませんね。アテネ世代は次のW杯が最初で最後だろうしさ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で