t011.orgでこの一週間にアクセス数やSNS等で多くの注目を集めた記事を紹介する「今週の人気記事10選」。2014年8月23日から29日までの一週間は、注目の話題が非常に多い週となりました。

今週、アクセス・SNS等でのリアクションが最も大きかったのは、『マリオカート8』の有料DLC情報。単なる追加コンテンツではなく、『マリオカート』に『ゼルダの伝説』のリンクや『どうぶつの森』のむらびと、しずえが参加するというサプライズの大きい発表でした。負けず劣らず、『ゼノブレイドクロス』のマップサイズに関する情報も多くのリアクション。『ポッ拳』も正式発表されましたね。

8月が幕を閉じ、夏が終わり、センチな気分になる時期ですが、9月からは大作・注目作が次々とリリースされる予定で、これからがシーズン本番。Xbox Oneも国内ローンチですね。

目次:

サイト内人気記事10選(2014.8.23-8.29)

1. WiiU『マリオカート8』のDLC情報が解禁。『ゼルダの伝説』『どうぶつの森』『F-ZERO』から新キャラクター、カート、16の追加コース

WiiU_MarioKart8_dlcpack1_link
なんと『ゼルダの伝説』からリンク(スカイウォードソード モデル)、『どうぶつの森』からむらびと、しずえ(とびだせ どうぶつの森)が参戦。

2. WiiU『XenobladeX(ゼノブレイドクロス)』、マップサイズは前作の5倍以上

XenobladeX(ゼノブレイドクロス)
今回は乗り物「ドール」が登場するので、それに合わせてマップも広くなりました。

3. WiiU『ゼルダの伝説』最新作のオープンワールドは、既存のゲームとは異なるユニークな形に

WiiU_Zelda_01
任天堂が本格的に取り組むオープンワールドはどんな形となるでしょうか。

4. リンクやしずえが参加するWiiU『マリオカート8』の有料DLC、国内でも発表。2種類まとめ買いで1200円

国内でも有料DLCが発表。1つ800円、2つ合わせて1200円で販売されます。

5. ポケモン、ヴェールに包まれていた対戦格闘アクション『ポッ拳 POKKEN TOURNAMENT』を正式発表。バンダイナムコと共同開発し、2015年にアーケードで稼働開始予定

『ポケモン』が対戦アクションに進出。間口の広いゲームとなっているようです。

6. 3DS『Demon King Box』、Circle Ent.の初日セールス記録を更新

日本版も制作が進んでいるというRTS×RPG『Demon King Box』の北米での初日セールスが発表されました。

7. 20歳の『MOTHER2 ギーグの逆襲』へ、糸井重里氏からメッセージ

今年は『MOTHER』も25周年を迎えていたりします。

8. カプコン、コーエーテクモゲームスを提訴。『無双』シリーズ等で特許権侵害を主張

どういう結末となるでしょうか。

9. 欧州任天堂、3DS『ポケモン オメガルビー・アルファサファイア』のスチールブック付き限定版を発売。予約特典に「ゲンシグラードン/ゲンシカイオーガ」フィギュア

3DSソフトにもスチールブックの波が。任天堂UKの公式オンラインストアではフィギュア付きです。

10. Amazonに「ニンテンドーダウンロードストア」が新設。WiiU/3DSソフトのダウンロード番号を購入可能に

ネット通販大手のAmazonでも、Wii U/3DSソフトのダウンロード番号を購入する事ができるようになりました。割引販売もされています。

PickUp: コンバース2014年秋冬新作にワンスター×スーパーマリオコラボの新モデル『CONVERSE ONE STAR J SUPER MARIO BROS. RED/GREEN』が登場

コンバース「ワンスター」×任天堂「スーパーマリオ」コラボ新作、入荷し始めているようです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で