圧倒的な攻撃力を見せつけてスペインが圧勝。あの雨の中でのピッチコンディションで、あそこまで完璧にパスを回されると中々奪いにいけませんね。選手個々の技術の高さを伺わせます。人数かけて取りに行けば空いたスペースにパス入れられてしまうし、かといって黙って見ているわけにも行かない。オランダ戦の疲労も重なってか運動量に乏しいロシアはスペインの引き立て役にしかなれませんでした。

長短織り交ぜながら、基本ワンタッチツータッチの素早いパス回し。相手の出方を伺いながらチャンスと見るや一気にスピードアップして前に出てきます。スペインサッカーはゴールまでのプロセスを逆算しながら
構築されている。っていうのを読んだ気がしますが、まさにそんな感じで、パスで繋いでいる時も全員が常にゴールを意識しながら仕掛ける準備をして動いているように見えました。

ロシアは自分たちのサッカーを何もさせてもらえず。オランダ戦で燃え尽きてしまったのか?というくらいに前線から思うようにプレスがかけられず、中盤でもプレッシャーをかけるポイントがかなり低めの位置だったので、ダメダメでした。スペインの素早いパス回しに対応しきれずにラフなレイトタックルになってしまいファールになる場面が何度もあって、しかも審判があまりカード出さないものだから結構荒っぽい感じ。まあいつものヒディンクサッカーと言ってしまえばそれまでか。それでもきちんとキープ出来ていたし、倒れずに戦えたスペイン選手達。相当体幹鍛えてんだろうなー。ダビド・ビジャの怪我は痛いですが、他選手達のモチベーションも高くそれほど大きな影響は無いでしょうね。

ともあれこれで決勝は強さのゲルマンドイツvs華麗なパスサッカーのスペイン。素晴らしい試合になりそうです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で